RYZEN3 2200Gで一台組みました-2

RYZEN3 2200G

RYZEN3 2200Gで一台組み、今回はすんなりと思いきやグラフィックのベンチマークが揮わず

とりあえず最小構成で組んでいたのでケースファンや光学ドライブ、メモリも足して通常使用用途に組み上げたところでエラーが出ました。

こうでなくっちゃ面白くありません。(^^)

グラフィックドライバ待ち

手持ちのASUS PRIME X370-PROのBIOSを BIOS 3203に更新して、Windows10 PRO を 4K 60Hz表示でセットアップ。ASUSのチップセットドライバ、Raven Ridge用のGraphics Driverをインストール。

3840×2160 True Color 32bit 60Hzでの動作も大丈夫でした。

ただCINEBENCH R15でのベンチマークがCore i3 8100より振るわなかったので「?」と思っていましたが、とりあえず問題はなかったので保留。

解像度を変更した途端にエラー

3840×2160表示では文字が小さいので2560×1440で文字を125%にスケーリングし再起動。

その後「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。エラー情報を収集しています。自動的に再起動します。」のブルーバック。

何回もこの状態が続きます。

Windowsログインまで行ってもその後は同じ画面。

再インストールでも同じ症状でした。

どうやらAMDのグラフィックドライバを入れて解像度を変更すると再現されるので、まだBIOSかドライバが未成熟なのでしょう。

とりあえずは全てのセットアップを終了させ、AMDのグラフィックドライバだけ入れていない状況です。

この状態では安定動作しているっぽいです。(^^;

標準ドライバで動作させているので 3840×2160 固定となり、少々文字が小さいですが、そのうちドライバも更新されるでしょう。

久々に面白い時期です

RYZEN 1800Xを発売日に購入したり、RYZEN3 2200Gも比較的早期に入手して組んでみたりと、昨年、今年はAMD CPUで遊んでいます。

4月にもAMDから新しいCPUが発売されるそうですが、これはRYZEN7 1800Xがあるので見送ります。DDR4メモリの高騰などがあるにせよ、自作で久々に楽しめる時期がきています。(^^)

これまでの経緯
Ryzen 3 2200Gが発売されました(2018/2/15)
RYZEN3 2200Gで一台組みました-1(2018/2/17)
INTEL Core i3 8100とRYZEN3 2200Gを比較()
RYZEN3 2200Gで一台組みました-2(2018/2/19 )
RYZEN3 2200Gで一台組みました-3(2018/02/22)
RYZEN3 2200Gで一台組みました-4(2018/02/27)



シェアする