環境変化?ご機嫌斜め?それとも反抗期?

MOCKINGBIRD EXOTIC CLASSIC

引っ越してから1年が過ぎ、本格的な梅雨に入る前に引っ越し後2回目のギターメンテナンスに取り掛かりました。

20本もあると1日1本のメンテでも約1か月掛かります。

弦も全て取り替えるとなると・・・

療養中の身なので収入もなく、家計は大赤字となるのでございます。(ToT)

ちょとご機嫌斜めなギターがいました

MOCKINGBIRD EXOTIC CLASSIC

これは購入時の写真ですが B.C.Rich MOCKINGBIRD EXOTIC CLASSIC です。

このモッキンバードは当初14.7万円、価格改定で最終的に16万円で販売終了を迎えたギターで2011年に購入したものです。

我が家で唯一のスルーネックギター。

昨日、メンテナンスを行ったのですが、弦高とネックの反りの調整に苦労しました。

奈良にいた時は優等生なギターでしたが、やや反抗期に入ったようです。(^^)

奈良に住んでいた時の高度は149m、広島では高度5mの位置に住んでいます。

これくらいの差ならそんなに気圧の影響もないので、いつもの「慣れた感じ」で調整したら良いと思っていたのですが、反抗期です。笑

Mockingbird
モッキンバード
B.C.Rich MOCKINGBIRD PLUS FR
金属パーツにはつらい季節です。
冬季メンテナンス中-2

このモッキンバードは上記のブログページなど多々&度々登場しています。

曲では「Requiem」に使用しています。
意外にもバラードに合う音も出しはります。(^^)

ネックの調整については「ギター ベースのネック調整」「ネックの調整」で書いているとおりに弦高も合わせて調整しましたが、トレモロギターでは無いのに1時間以上も費やしてしまいました。

はやくあの頃の素直な君に戻っておくれ。笑

Amazonモッキンバードの検索結果へ



スポンサーリンク

シェアする