PR
スポンサーリンク

BOSS FS-5LとFS-5Uの違い

BOSS FS-5L/FS-5U

BOSS FS-5Lを購入しました。

マルチエフェクター BOSS GT-1000用にFS-5Uを4個購入し、エフェクターの切り替えやエフェクトチェーンの切り替えを行ったり、FS-5Uはモーメンタリー/アンラッチタイプのタイプですので、キーボードやシンセ、電子ピアノのペダルとして使用していました。

共用して使えていたので良かったのですが、どのエフェクトが動作しているかはLEDが無いので音で判断するしかないのですが、細かな違いの場合は判らない場合もあり、今回、LEDでオンオフの判るラッチ・タイプのFS-5Lを購入しました。

スポンサーリンク

エフェクトコントロールに使用

BOSS FS-5U

これまで使用していた「FS-5U」はアンラッチ(モーメンタリー)型。

今回購入した「FS-5L」はラッチ型です。

・ラッチ型は一回踏むごとにスイッチの経路が切り替わります。
・アンラッチ型は踏んでいる間だけ経路が切り替わる点が特徴のフットスイッチです。

どのコントロールスイッチが有効か分からなかったこれまでから、

FS-5L

コントロール7だけ判るようになりました。

CTL4はドライブとクリーンの切り替えなので音でわかります。
CTL5はブーストなので音量でわかります。
CTL6はセンドリターンのオンオフなので音でわかります。
CTL7は控え気味のディレイを割り当てています。

このCTL7だけが判りづらかったのでFS-5Lにしました。

これまでコントロールペダルについては「FS-5U」「エフェクターフットスイッチの種類」で書いているので参考にしてください。

スポンサーリンク

用途によって選択しましょう

created by Rinker
Roland(ローランド)
¥3,850 (2024/06/21 16:23:00時点 Amazon調べ-詳細)

・FS-5Uはアンラッチ(モーメンタリー)型。
基本、踏んでいる間だけ有効なので、キーボードやシンセ、電子ピアノのサステインペダル等に使用できます。

エフェクターの場合は本体側で「モーメンタリー型を接続している」と設定できる場合は、エフェクターのオンオフなどに使用できます。

他の機器と共有して使用する場合などはFS-5Uが便利ですが視認性に劣ります。

created by Rinker
BOSS
¥3,850 (2024/06/21 18:09:31時点 Amazon調べ-詳細)

・FS-5Lはラッチ型

スイッチのオン/オフやスタート/ストップに使用されることが多いです。基本、エフェクターにはFS-5Lを使用します。

LEDが点灯するので視認性が良いです。

単四乾電池×2が無くても動作します。電池はLEDの為だけです。

BOSS FS-5L

FS-5Lの電池交換はネジを2本外して取り換えます。

ラッチとアンラッチのどちらを使用するかはご使用機器の取扱説明書で確認してみてください。

【価格チェックと購入】
Amazon BOSS FS-5U/FS-5L/FS-6/FS-7の価格チェック
Amazon マルチエフェクターの価格チェック

 

タイトルとURLをコピーしました