iRig Acoustic Stage-2

iRig Acoustic Stage

iRig Acoustic Stageについて書いてから約1.5年が経過し、やっと購入の機会がありました。

前評判も後評判も上々なアコースティック・ギター用マイクシステムです。

iRig Acoustic Stage

iRig Acoustic Stage

IK Multimedia iRig Acoustic Stageは持ち運びに便利なポーチ付き。

iRig Acoustic Stage

ポーチを開いたところ。

iRig Acoustic Stage

中身は専用マイクとプリアンプ本体、本体をギターストラップ等に取り付けるアタッチメント、そして動作確認用の電池。

すぐに使える簡単な使用方法

iRig Acoustic Stage

使い方は至って簡単。

マイク「IN」に専用マイクを。

アコギなら「AUX」にプラグインしてミックスすることも可能です。

「OUT」はミキサーやアンプに。

「USB」はPCと接続ればサンプリング周波数48kHzのインターフェイスとして。

iRig Acoustic Stage

「MIX」はエレアコからのプラグインと専用マイクとのバランス調整。

「VOL」は出力を調整します。

必要があれば「TONE」でキャリブレーションし、6種類のサウンド・プリセットから選ぶだけ。

ハウれば「Cancel Feedback」を押し、位相が逆なら位相切替スイッチで切り替えると。

専用マイクの取り付けはは4mm厚まで

Ibanez GA37STCE

Ibanez GA37STCEは少しキツイと思いましたが特に問題なく取り付け可能。

YAMAHA CG182C

YAMAHA CG182Cにはスッと取り付けることができました。

James JE450

島村楽器ブランドのJames JE450にも簡単に取り付けられました。

YAMAHA 12st Acoustic Guitar

既にマグネティックピックアップを取り付けている確か高校生(卒業後すぐだったかな?)の時に買ったYAMAHA 12st Acoustic Guitar

これも簡単に取り付けられました。(^^)

この際ですのでマグネティックピックアップは取り外します。

OVATION Celebrity CP257

これはどうしようのOVATION Celebrity CP257

このホールなら取り付け可能でした。

実際の音はまだ聞いていないので判りません。(^^;

ミックスして使うと面白いかもしれませんね。

我が家のアコギには全て取り付け可能でした

手持ちのアコギ全てに取り付け可能だったIK Multimedia iRig Acoustic Stage。

20年以上前の12弦ギター、楽器量販店モデル、アコギ、ガット、様々なギターに取り付け可能な4mm厚まで対応可能な専用マイクでした。(^^)d



シェアする