OVATION Celebrity CP257

OVATION CP257

エレクトリック・アコースティックギター OVATION Celebrity CP257です。

定価は115,000円だったような気がしますが記憶は定かではなく情報も少ないです。

アンプはOP-24+でした。

新品ではなくお譲りいただいたギター。

さっそくメンテナンスを始めます。(^^)

まずはヘッドあたりから

まずはペグを取り付けているネジから始めます。

右2本が研磨後です。左のネジと比較するとピカピカになっています。(^^)

ヘッドパーツ全ての磨き上げ終了。

メンテナンス前。

撮影した時間帯が違うので木目の色合いが異なりますが、ヘッド自体も鏡面コンパウンドで磨いた後にポリッシュを行っています。

あとはツヤが出るまで丹念に乾拭きします。

ヘッド裏。

金メッキパーツクリーナーとフッ素コート処理、木材部分も表面と同じ処理を行いました。

全体を磨き上げ

Celebrity CP257

ボディ表面は液体鏡面コンパウンドでピックキズや汚れを取り除き、ギター用ポリッシュで磨き、更にツヤが出るまで乾拭きを丹念に行います。

乾拭きの根気がコツです。(^^)

フィンガーボードもフレットを磨いて、指板の乾燥予防も兼ねて専用オイルで汚れを落としました。

フレットの汚れをそのままにしていると青錆の原因にもなるので、弦交換の際に汚れを落とす習慣にしておきましょう。(^^)

Celebrity CP257

後は電気系統のチェックとネック反りの調整です。

まずはギター裏面の蓋を開けてと。

OVATION Celebrity CP257 に搭載されているピエゾピックアップのアンプはOP-24+

今回、サーキット類はガリ予防の簡単メンテだけ行いました。

蓋を開けて中を覗くと、ネック調整のトラスロッドが見えます。

今回は若干の反りを調整する程度で済ませました。

OVATION

最初の写真のアングル違いです。

細かなピックキズは車用のメッキ車専用液体鏡面仕上げコンパウンドや楽器では鏡面艶出し塗装ピアノの塗装補修グッズを流用できます。

塗装の種類によってはクスミやシミの原因となったりコンパウンドキズが残ったりするので、目立たない場所で確認して全体に使用するか否か判断しましょう。

不安な場合は簡単にギターポリッシュするだけでも汚れが取れて綺麗になります。

金メッキパーツはギター用が販売されているので私は素直にその製品を使っています。

以前に書いていますが私が使用しているメンテナンスグッズは現在も大きくは変わっていません。

さて、メンテナンスが終了したので明日は少し弾いてみましょう。(^^)



シェアする