TASCAM バンドルソフト変更

TASCAM オーディオインターフェイス

TASCAM オーディオインターフェイスにバンドルされているバンドルDAWが変更されました。

対象機種は「US-1×2-CU」「US-2×2-CU」「US-4×4-CU」「US-366-CU」の4機種で、これまでバンドルされていたSONARの開発中止を受けての変更のようです。

これまでも何度か変更がありました

過去にも何度かバンドルソフトの変更があり、機種名に続く枝番でバンドルソフトの違いが表現されています。

US-1×2

US-1x2

US-1×2-CU/Cubase LE(Win/Mac)
US-1×2/SONAR X3 LE(Win)

US-2×2

US-2x2

US-2×2-CU/Cubase LE(Win/Mac)
US-2×2-SN/SONAR X3 LE(Win)
US-2×2-SC/SONAR X3 LE(Win)、Cubase LE 8(Win/Mac)
US-2×2/SONAR X3 LE(Win)、Ableton Live 9 Lite(Win/Mac)

US-4×4

US-4x4

US-4×4-CU/Cubase LE(Win/Mac)
US-4×4-SN/SONAR X3 LE(Win)
US-4×4-SC/SONAR X3 LE(Win)、Cubase LE 8(Win/Mac)
US-4×4/SONAR X3 LE(Win)、Ableton Live 9 Lite(Win/Mac)

US-366

US-366

US-366-CU/Cubase LE(Win/Mac)
US-366-SN/SONAR X3 LE(Win)
US-366-SC/SONAR X3 LE(Win)、Cubase LE 8(Win/Mac)
US-366/SONAR X3 LE(Win)、Ableton Live 9 Lite(Win/Mac)

枝番によるバンドル版DAWの違い

無印は基本的にSONAR X3 LEとAbleton Live 9 Liteですが発売時期の違いによりUS-1×2のみSONAR X3 LEだけのバンドルです。

SC=SONAR X3 LE&Cubase LE 8

SN=SONAR X3 LE

CUCubase LE

機種名に続く枝番はバンドルソフトウェアの違いを持たせてあり、一定の法則に従って決められているようです。

バンドル版DAWが対応するOS

これまでバンドルされていたDAWの対応OSは以下のとおりです。

CUBASE AI8

Cubase LE=Windows/MacOS 登録時の最新版 9シリーズより64bitOSのみに対応
(キャプチャはCubase AI8)


SONAR X3 LE=Windowsのみ

CUBASE AI8
Cubase LE 8= Windows/MacOS
(キャプチャはCUBASE AI8)


Ableton Live 9 Lite=Windows/MacOS

Windows版DAWしかバンドルされず、現在ではそのDAWも開発が中止となった「SN」型番がチョット貧乏クジっぽく見えなくもないですが・・・(^^;



シェアする