PR
スポンサーリンク

UR-Cシリーズに新色が登場

UR28M

いま私が使用しているオーディオインターフェイスはスタインバーグ UR28M。

2011年10月1日に発売されたオーディオインターフェイスで当時の流通価格は34,800円でした。

UR28Mは96kHz/24bit、アナログ4イン6アウト。
S/PDIF 同軸デジタル入出力を加えると6イン8アウトにもなります。

引っ越して防音室も手放したので6イン8アウトも今では必要ありません。

2イン2アウトで十分です。

最近調子が悪いのでUR22Cへの買い替えの検討をしているのですが、2023年10月11日にUR-Cシリーズに新色が登場しました。

UR22Cを中心にみてみます。

スポンサーリンク

新色の赤と緑

UR22C

新しいカラーバリエーションのUR22Cです。

スタインバーグの製品紹介をみるとUR22CとUR44Cに新色が追加されているように見えます。

CUBASEは12シリーズでアイコンが青色になりましたがそれまでの赤のイメージが強いので私はレッドのUR22Cが良いですね。

UR22C

これまでのカラーも渋くて好きですが。(^^)

19,800円の記憶が強いのですが最近は22,000円となっていました。

スポンサーリンク

UR22C 仕様

created by Rinker
Steinberg(スタインバーグ)
¥16,800 (2024/06/12 14:49:58時点 Amazon調べ-詳細)

接続方式はUSB Type-C
ボディはフルメタル
電源はUSB 3.0 バスパワー, USB Type-C バスパワー, External USB 5 V AC adaptor (not included)となっています。

AD/DA 32 bit
最大サンプリングレート 192 kHz
入力ダイナミックレンジ 102 dB

入力数 2
出力数 2

マイクプリアンプ D-PRE
マイク入力 2(INPUT1/2)
ライン入力 2(INPUT1/2)
HI-Z 入力  1(INPUT1)

ヘッドフォン出力 1

MIDI 入出力 各1

モニタリング:レイテンシーフリーモニタリング + エフェクト
内蔵 DSP:SSP 3
・True Integrated Monitoring + FX (Cubase 使用時)
・ハイパスフィルター
・REV-X Reverb
・Sweet Spot Morphing Channel Strip

発売は3年前

UR22C

UR-Cシリーズは2019年10月3日に発売されたモデルで、昨年は付属するdspMixFx UR-C が ver. 2.0 にアップデートされています。

今年は新色追加と毎年何らかの販売促進が10月に行われているようですね。(^^)

後日、実際にUR22Cを購入したのでレビューなどを書いてみました。
スタインバーグ UR22C購入しました

【価格チェックと購入】
Amazon オーディオインターフェイスの価格チェック

タイトルとURLをコピーしました