PR
スポンサーリンク

お勧めトランスペアレント系オーバードライブ

最近ではトランスペアレント系オーバードライブの評判というか人気が高いようです。

transparentとは「透き通った」という意味であり、以前投稿したBOSS SD-1Ibanez TS9とは同じドライブ系エフェクターですが、トランスペアレント系ペダルは異なる印象の歪みです。

SD-1やTS9は中音に特徴があり、甘く温かい自然なブースト感のオーバードライブですが、トランスペアレント系では原音に忠実を基本としつつ高域までクリアなオーバードライブとなります。

最近はデジタル楽器やデジタルレコーディング、モデリングされた音源の中にギターサウンドがあるので、それらのデジタル機器と音の相性が良いのかもしれません。

スポンサーリンク

トランスペアレント系の先駆けであるTimmy Overdrive

MXR CSP027 Timmy Overdrive

Timmy Overdriveより、このMXR CSP027 Timmy Overdriveの方が入手しやすいと思いますが、CSP027はトランスペアレント系オーバードライブの先駆けとなったTimmy Overdriveを制作したペダル・ビルダーとMXRがコラボレーションし、MXRのミニサイズハウジングに収めたTimmyペダルが販売されています。

シチュエーションに合わせて3種類のクリッピングから1つを選択できます。

created by Rinker
MXR
¥24,000 (2024/05/17 15:57:58時点 Amazon調べ-詳細)

MXR CSP027 Timmy Overdriveのセレクトスイッチでは、

・適度な歪みとコンプレッション感のあるワイドレンジなサウンド
・軽い歪みと高いヘッドルームの太いドライブサウンド
・ハードな歪みと低いヘッドルームのドライブサウンド

上記3つのポジションから選択して使用できます。

スポンサーリンク

名高い設計者が係るMad Profsessor Royal Blue Overdrive

MAD PROFESSOR Royal Blue Overdrive

MAD PROFESSOR Royal Blue OverdriveはOne ControlのBJFシリーズを手掛けたBjorn Juhl氏が係わったトランスペアレント系オーバードライブです。

Royal Blue Overdriveはゲイン「0」でクリーンブースターとして、ゲイン小でトランスペアレント系オーバードライブとして、ゲイン大でディストーションのような歪みが得られるペダルです。

created by Rinker
MAD PROFESSOR
¥26,799 (2024/05/17 15:57:59時点 Amazon調べ-詳細)

このペダルも価格的にも流通量的にも入手しやすい部類だと思います。

またこの手のペダルとしてはイコライザーの効きも良いので、積極的に音作りに利用できます。

中間的な位置づけのOne Control PERSIAN GREEN SCREAMER

One Control PERSIAN GREEN SCREAMER

One Control PERSIAN GREEN SCREAMERはTS系の究極形を目指したオーバードライブです。

チューブスクリーマー(Tube Screamer)マクソンやアイバニーズから発売されたオーバードライブなのですが、PERSIAN GREEN SCREAMERはビンテージとモダンモードを切り替えることができ、ヴィンテージモードではヴィンテージオリジナルチューブスクリーマーのような甘く温かな中音に特徴を持たせたサウンドとなり、モダンモードではクリアでトランスペアレント(透明感のある)なサウンドとなります。

created by Rinker
One Control
¥15,400 (2024/05/17 17:32:55時点 Amazon調べ-詳細)

One Control BJF Seriesであり、先のMad Profsessor Royal Blue Overdriveの設計者であるBjorn Juhl氏が設計に係ったモデルとなっています。

このペダルも価格的にも流通量的にも入手しやすい部類だと思いますし、TS系もトランスペアレント系も両方を試したいと思われる方にお勧めです。

しかし、どちらかというえばTS系に寄ったトランスペアレント系です。

多種多様で高価なトランスペアレント系ペダル

トランスペアレント系ペダルは非常に多くのモデルが存在し、それにインスパイアされたモデルやコピーモデルを含めると数え切れません。

しかし、高価なためか流通量的には多くはありません。

実店舗では数種類しか展示していないことが多いでしょう。

ネットショップでは多数の取り扱いがありますが、全てのモデルにテストサウンドが掲載されている訳でもないので、選択に苦慮するところです。

そこで、安価で流通量の多いモデルをお勧めペダルとして掲載してみました。

本来のトランスペアレント系ドライブサウンドならMXR CSP027 Timmy Overdriveをお勧めします。

トランスペアレント系も楽しみたいけど深めの歪みでも使用したい場合はMad Profsessor Royal Blue Overdriveをお勧めします。

オーバードライブの王道であるTS系もトランスペアレント系も両方を楽しみたい方はOne Control PERSIAN GREEN SCREAMERをお勧めします。

高価なペダルに手を出せばきりがないですが、トランスペアレント系とはどのようなサウンドなのかを知るには、まずはお求めやすい価格の代表ペダルで試してみては如何でしょうか。

【価格チェックと購入】
Amazon トランスペアレント系オーバードライブの価格チェック
Amazon コンパクトエフェクターの価格チェック
Amazon マルチエフェクターの価格チェック

タイトルとURLをコピーしました