サステニアック覚書

Schecter Damien Platinum-6 FR S にはサステニアック(Sustiniac)の取り扱い説明書も無ければバッテリーの区分や向きすら書いてありません。

そこでメンテナンスの覚書として自分用に記しておきます。

Schecter Damien Platinum-6 FR S 覚書

バッテリーについて


バッテリーは006型(9V)が2本。

18Vサステニアックではなく、アクティブピックアップ用とサステニアック用で計2本です。

バッテリーは受側が金属板のタイプなので電池の向きが逆でも装着できてしまいます。

どちらもマイナス側が上となります。

サステニアックについて


サステニアックの基盤にあるコンダクターについて、
8ピン側
白 Input(and bridge PU)
紫 Harm.Mode= +4V DC
灰 +4Volt DC
黒 Signal ground
黄 Drive(25K POT)
無 Grand(=Zero Drive)
青 Neck/Middle P.U.Signal
橙 Pickup Switch (Common)

10ピン側
赤 +9V Battery
灰 Drive Return
茶 Drive Output
黒 Power Ground
緑 Battery enable
橙 Neck P.U. Preamp IN
紫 Neck P.U. Sound
白 Neck P.U. Boost
青 Neck P.U. Preamp OUT
黄 Turn-on = Ground

Sustiniac.comに掲載されている資料を基にしているのでDamien Platinum-6 FR Sがこの配線パターンとおりとなっているかは不明です。

サステニアック基盤

3つあるドライバーで調整できる箇所は、
・ハーモニックモードのゲイン
・サステニアックのゲイン
・ネックピックアップのゲイン

情報は少ないですが

サステニアックについての情報は少ないです。

故障した際は自分でどうにかするというよりはギターショップでサステニアックを「取り換え」た方が良さそうです。(^^;



シェアする