RG550XH

7弦ギターの登場に驚いた時代は疾うに過ぎ、
今では9弦もギターも見られるように。

探せば10弦以上や多弦Wネック以上の仕様もあるのでしょう。

多弦に興味はあるものの、
我が家のエレキギターは全て6弦でベースも4弦。

でも1本は多弦も欲しい気もします。(^^)

そんな中、6弦ギターも頑張っているようで、
日本では未発売のようですがアイバニーズUSAでは
30フレットのモデルが発売されています。

Ibanez RG550XH
Ibanez RG550XH
Blue Sparkleカラーだけでなく
Red Sparkleもあった気がしたのですが、
現在ではBlue Sparkleしかサイトに表記がありませんでした。


Red Sparkleはスポットモデルだったのでしょうか。

この二人の動画は好きでよく見ていますが、
いつも楽しそうで・・そして面白いです。(^^)

RG550XH02.jpg
RG550XHの仕様は、
NeckType:Wizard III-XH 3pc Maple neck
Body:Basswood body
Fretboard:Rosewood fretboard w/White dot inlay
Fret:Jumbo frets
Number of frets:30 frets
Bridge:Edge-Zero II bridge w/ZPS3Fe
Middle P.U.:INFS (S) mid pu (Passive/Alnico)
Bridge P.U.:INF (H) bridge pu (Passive/Ceramic)

RG550XH03.jpg
さすがに30フレットということもあり、
フロントピックアップがありません。

しかし搭載されているのは5点のPUセレクター。

ブリッジ、ブリッジハーフ、センターまでは
他のギターと同じ動作をしますが、センターハーフの位置では
フロントピックアップシミュレーターによって
センターとリアのタップでフロントとセンターのシミュを。

フロントピックアップの位置ではリアがフロントピックアップの
シミュレートを行うようです。

よってシミュレーターを使用してH-S-Hのギターと同じ
5点のPUセレクターの動作となるようです。

流通価格は円に換算して65,000円前後。

バスウッドボディとはいえEdge-Zero IIを搭載して
この価格は手ごろ感満載です。(^^)

ウリ・ジョン・ロートのスカイギターの6弦32フレットモデルを
一時Deanが限定数で180万円で受注生産していたような・・・。

スカイギターは色々なモデルがありましたが27F~32Fは
全音刻みで落ち着いていたような気が・・・・。

スカイギターはバイオリンの音域をギターでと始まった
記憶がありますが、その後チェロの音域を追加した7弦や
更に8弦もあったような気が。。。

細かなことは忘れましたがウリさん曰く、
普通のギターはビオラでスカイギターはバイオリンだとか。

少し話がそれましたが、
RG550XHは何の記載もないので半音刻みなのでしょう。

6弦30フレットモデルが6.5万円前後で流通しているとは驚きです。



シェアする



コメント

  1. パパさん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    この手のギターは訳も解らずに、「格好イイ・・・」ってだけで買いましたね~。
    古くは「Washburn EC-29」を2本と「GARY KRAMER R-36 turbulence」後は譲って頂いた8弦30フレットのマルチスケールとか言うヤツ。
    まぁ、ギターを弾いてる方なら安易に想像できるでしょうけれど、24フレット以上は指が・・・
    ウリ様の全音刻みってんでしょうか?
    アレは正解だと思います。
    でも動画で普通に弾きこなしてる方がいらっしゃいましたよ~!
    物凄いテクニシャンですけど。

  2. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    パパさん こんばんは。
    24フレットに指を置く機会があまりないのですが、
    21はチョット・・・同じようなギターで
    22と24なら24を選ぶという小市民な私です。(^^;
    そいうえブログを始める少し前から
    再びギターを弾くようになった私。
    7弦はヴァイさん、
    多フレットはウリさんで知りました。
    もしかしたらカタログ以外で
    8弦以上のギターを見たのは雑誌でも実物でもなく、
    パパさんのブログだったような気がします。
    パパさんの多弦ギターレビュー、
    毎回楽しみでなりません。(^^)