TOOLS for UR28M (Win) アップデート

Windows 版 TOOLS for UR28M V1.1.3 (64-bit) が
スタインバーグのサイトに掲載されました。

これにより、CUBASE7 64bit版でUR28Mが接続されていると
CUBASE7の起動時にCUBASE7がクラッシュする問題が解決されました。

私も試してみましたが、CUBASE7 64bitが起動します。
やっと。(^^;

それと、iPadでDTMできるCubasisがリリースされていました。
CUBASEのモバイル版ですね。(^^)

私はアンドロイドタブレットなので使用できませんが、
iPadを使用されている方のモバイルDAWには良いかもです。

作ったプロジェクトは、Cubase 7/6.5、Cubase Artist 7/6.5、
Cubase LE/AI/Elements6で読み込むことが可能のようです。

iOS関連の充実は凄いですね。(^^)



シェアする



コメント

  1. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    突然すみません。windows7、64bitでCubase6.5を起動するとブルースクリーンが出て強制終了するんですが、原因が全く分からないです…サポートにも分からないと言われました。心当たりございませんか?

  2. チョプリ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    先日、BFD ecoを購入しましてダウンロードあれこれの際に「iPad」の文字を発見して「もしや?」とは思っていたのですが、ついにDAWもiPadの時代がきましたか~
    自分はiPadを所持してないので何ともできませんが...
    そろそろオーディオインターフェイスの購入を考えてます♪さがせばさがすほどいろんな
    機材・ソフトがありますね (´`;)

  3. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おはようございます。
    Windowsのコントロールパネルの電源の管理で、
    モニタとハードディスクの節電をオフにしてみてください。
    CUBASEのデバイスの設定でオーディオデバイスのにある
    Steinberg Audio Power Scheme をオフに。
    USBドングルを別のUSBポートに。
    PCのBIOSの設定でHT(ハイパースレッティング)をオフに。
    ブルースクリーンなのでPC関連の設定が起因になっているか、
    メモリに関連するのかなと思っています。
    CUBASE6.5を上書きで再度セットアップして、
    スタインバーグのサイトで「CUBASEの初期化」の手順を
    確認して初期化も行ってください。
    初期化を行って立ち上がるなら、サードパーティの
    VSTプアグインの動作も関係があるかもしれません。
    もしこれらを行っても変わらないのであれば、
    いつから、何かのインストールのタイミングで
    発生するようになったのか、オーディオインターフェイスの
    機器名などお知らせください。
    お役に立てると良いのですが。(^^;

  4. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    チョプリ さん、おはようございます。
    BFDecoの音、良いですよね、(^^)
    インターフェイスも様々ですし。
    私はアンドロイドタブレットなのですが、
    次回の購入はiPadと思っています。(^^)
    面白そうなアプリが多くて気になっています。(^^)