ギター弦を買いだめる

DTMデスク

これはまだ近畿圏に在住していた頃のDTM部屋。

防音室もあり充実しておりました。

地元近辺である広島県に引っ越す際に防音室や防音室と接続していた機材など、いくつかは手放しましたが弦楽器は今も概ねこのありまさま。(^^;

メンテナンスの時間や弦代も馬鹿になりません。

ギター弦を買いだめる

ギター弦

そろそろクリスマスやボーナスセール、年末年始の時期になります。

すると必ず出てくるのが弦のお得パック。

私はこの際に買い溜めしておきます。

夏にもお得パックが発売されるので年2回の買い溜めです。

主にエリクサーを使いますが、時々「味変」にダダリオやアーニーボール等も購入することがあります。

エリクサー1セットが1,300円前後。ダダリオやアーニーボールの3セット入りが1,300円前後でオマケ付きが多いです。

エリクサーが通常弦の3倍の期間使用できれば・・・という換算となります。

「エリクサー弦が伸びる」と言われることもありますが、まぁ、「製品」なのでどのメーカーどの商品を買ってもハズレはあります。

私も張った直後から既に「終わっている」音のする弦に何度もあたっていますし、チューニングが合わない弦、たぶんナットとの相性が悪いのだと思いますが多少の太さの違いで同じゲージでもチューニングが合いづらい弦もありました。

そんな時、楽器屋さんによっては交換してくれるところもあるので聞いてみましょう。

「このまえ買った弦、張った直後から伸びきってるてる音がする」とか「音がくもっている」とかで交換してくれるところもあります。

事前に聞いておきましょう。

錆びていた場合は問答無用で交換で押し切りましょう。(^^)

商品として論外ですから。

でもあるのです。

購入直後から既に錆びている弦。

店のストックの状態で錆びたのかパックがやぶれていたのかは知りませんが、血気盛んに弦を購入して帰って開けたら、1弦7フレットあたりがチョット錆びていたなんてこと結構ありました。

まぁいいかとは思いましたが実際弾いてみるとスライドの際にやっぱり気になります。

電話して事情を話して交換となりましたが、買いに行く、弦を張り替えるついでにメンテ、弦を張る、錆に気づく、交換に行く、また張り替える。

楽器屋さんが遠かったりすると1日仕事です。(^^;

家で保管中に錆びることもありますから、私はカメラ用のデシケーター(除湿庫)で保管していますが、台所用品の容器に乾燥剤を入れて保管するのも良いでしょう。

話は変わり時々思いますが、ギターはエフェクター等でお金が掛かりますが、ベースはエフェクターもそうですが弦が高いので複数本所有している方は大変だろうと思います。

私もベースを4本所有していますが、うち1本が5弦、うち1本がフレットレスなのでこの2本の弦代が高くつきます。(^^;

DTMではパソコンにインターフェイスにソフトウェア各種+楽器

昔、仕事でゴルフをやる必要があった時期があるのですが、ゴルフを趣味にした方が安いのかもしれません。なにより健康的ですし。(^^;



スポンサーリンク

シェアする