BOSS GT-1B-2

BOSS GT-1B

先日購入したBOSS GT-1Bはオーディオインターフェイスとしてはどうなのでしょうか。

チョットだけ試してみました。(^^)

CUBASE AI 9.5で試すGT-1B

CUBASE AI9.5

使用したDAWは手持ちのバンドル版CUBASE AI 9.5.30です。

GT-1B DRIVERの設定

GT-1B オーディオインターフェイス

サンプリング周波数は44.1/48/96kHzの中から選択できます。

GT-1B ドライバー

48kHzの設定でバッファサイズを1から10で設定してみました。

数値を変更するとリアルタイム性と安定性の「〇」の数が変化していきます。

CUBASEでレイテンシーを確認してみましょう。

VSTオーディオシステムでレイテンシーを確認

スタジオ設定でVSTオーディオシステムを確認してみます。

GT-1B Driverのオーディオ入出力のバッファ・サイズをデフォルトの「6」から「4」に変更してみました。

すると入力のレイテンシーは3.167ms、出力のレイテンシーは8.458msとなりました。

デフォルトの「6」では入力側では10msを切っているのですが、出力側で10msを超えています。

テンポの良い曲では気になりませんが、ゆったりしたバラードだと10msを超えると違和感を感じるかもしれません。

CPUパワーが必要ですが、ASIOバッファサイズを100サンプル前後、レイテンシーを10ms前後にすると気持ちよく録再生できます。

使用するVSTプラグインの数や内容にもよりますが。(^^;



シェアする