ANTEC P7 Silent/P10 FLUX レビュー

ANTEC P7/P10F

PCケースを入れ替えました。

メインPCにANTEC P10 FLUX
サブPCにANTEC P7 Silent です。

どちらも光らない、中身が見えない、重いと最近の流行りと真逆です。

光らない、中身が見えないものを探していたので丁度良かった。

しかも静音仕様。(^^)

スポンサーリンク

ANTEC P7 Silent

P7 Silent

ANTEC P7 Silent は2018年6月9日発売のようですが私はあまり見かけたことがありません。

PCケース売り場には華やかな製品ばかり展示してあったので見落としていたのでしょう。

P7 Silentは、優れた遮音性を発揮する二層構造の遮音パネルが採用されています。両サイドパネルの内側に吸音材を張り合わせることで、システム内部から発生するノイズを効果的に遮音するようです。

また、アクリルやガラス板ではないのでPC内部の放射ノイズ対策にもなります。

ケースのトップには、最低限の電源スイッチ、リセットスイッチ、USB 3.0、Audio in/outと簡素です。

ANTEC P7 Silent 仕様

created by Rinker
ANTEC
¥8,055 (2023/02/05 18:01:53時点 Amazon調べ-詳細)

5.25インチベイx1
3.5/2.5インチシャドウベイx2
2.5インチ専用シャドウベイx2
拡張スロットx7
拡張カードスペース 最大390mm
対応CPUクーラー高さ 最大165mm
対応ラジエータサイズ
フロント280mm / 240mm / 120mm
リア120mm
対応電源 200mmまでのATX規格電源
対応マザーボード ATX / Micro ATX / Mini ITX
標準搭載ファン:フロント/リア 120mmファン
搭載可能ファン
フロント 2×140mmファン / 2×120mmファン
リア 1×120mmファン
フロントポート 2×USB 3.0/1×Audio in/out
本体重量 約5.85kg

 

ANTEC P10 FLUX

P10 FLUX

P10 FLUXは2021年1月30日に発売されたモデルで防音パネル搭載冷却型ミドルタワーPCケースです。

最大6基の120mmファン搭載に対応し標準搭載で最初から5基もあります。

フロント、両サイド、トップパネル各面に防音パネルを装着し、ケース内の動作音を最大限に抑え込むそうなので、ファン動作音の軽減にもなります。

メインPC用なのでオーバークロックや爆熱CPUにも耐えれるよう静音&冷却ケースを選びました。
実際のところそこまでのCPU&GPUパワーを必要とすることはありませんが。

そして華やかさは要りません。(^^)

P10 FLUX

ファンもたくさん搭載できますが、ドライブ類もたくさん搭載できます。

水冷に興味はありませんが360mmサイズの大型ラジエータも搭載できるようです。

DTM用途ですから、そこまで爆速&爆熱CPUやGPUが必要なわけでもありません。

大型ヒートシンクとファンで冷やせる程度のCPUでも十分です。

ANTEC P10 FLUX 仕様

created by Rinker
ANTEC
¥10,273 (2023/02/05 20:17:10時点 Amazon調べ-詳細)

5.25インチベイx1
3.5インチ専用シャドウベイx1
3.5/2.5インチ共用シャドウベイx2
2.5インチ専用シャドウベイx3
拡張スロットx7
拡張カードスペース 最大405mm
対応CPUクーラー高さ 最大175mm
対応ラジエータサイズ
フロント 360mm / 280mm /240mm / 120mm
※フロントパネル外側にファン搭載時、55mm厚まで対応
※フロントパネル内側にファン搭載時、30mm厚まで対応
リア 120mm
対応電源 205mmまでのATX規格電源
対応マザーボード ATX / Micro ATX / Mini ITX
標準搭載ファン
フロント 3×120mm
PSUカバー 1×120mm (逆回転ファン)
リア 1×120mm
搭載可能ファン
フロント 3×120mm / 2×140mm
PSUカバー 2×120mm
リア 1×120mm
フロントポート 2×USB 3.0/1×Audio in/out
本体重量 約7.3kg

組み立てやすい構造でした

P10 FLUXの方は電源によってはコードの長さが足らずCPU電源を延長する必要があるかもしれません。

組み立てやすさはどちらも同じくらいで簡単です。

それと、ANTECからはP7やP10 FLUXに類似した後継機が発売されています。

今時なのでUSB-Cポートがパネルにあったりします。

既にマザーボード背面に搭載されていてフロントパネルに無くてもよい場合や、そもそもUSB-Cポートが必要ない場合は型落ち機種で十分です。

必要になる頃にはマザーボードを買い替えたりしてバックパネルに搭載されているでしょうし。

 

ANTEC

最近の流行りは華やかなタイプですから質素で剛健で静音な機種は少ないです。

作業時間は2台で2時間程

P7/P10F

これを買って。

PC2

この子たちをばらして

PCケース

組み替えました。

一つは13年も使ったケースです。
OSのインストールやソフト類のインストールをする訳では無く、ただ入れ替えるだけなので2時間少々で組み立てました。

そもそも冬なのでファンの回転数も少なく静音仕様の恩恵を感じませんが、流行りのピカピカケースより、PC内部からの放射ノイズ対策にはなるでしょう。

新しいケースも長く使えそうです。

 

タイトルとURLをコピーしました