SONAR Platinum Everett

SONAR Platinum Everett

SONAR PLATINUMへのアップグレード価格改訂とアップグレード版への
特別キャンペーンについて先日書いたばかりですが、SONAR Platinumの
アップデート「Everett(エバレット)」がリリースされました。

SONAR Platinum 2015とでもいうのでしょうか、
それとも単純にSONAR Platinum Everettと呼んだらいいのでしょうか。

sonar20150703

SONARはメンバーシップ制になっているので、
その期間中はアップデートでの新機能を利用することができるようです。

そのDAWを使っていないせいもあり、
サブスクリプション制とかメンバーシップ制とか
新しい料金形態がイマイチよく分かっていません。(^^;

SONARのメンバーシップ制については下記に詳しく記されています。
http://tascam.jp/support/cakewalk_membership/

sonar20150702

SONAR Platinum EverettでDrum Replacerという新しい機能が搭載されました。

このドラムリプレーサーはオーディオのドラムトラックを解析して、
別のドラム音源に置き換えることが出来るという機能のようです。

ドラムループを解析させてドラム音源に差し替えたりできるのでしょう。

Cakewalk SoftwareによるDrum Replacer関連の再生リストです。

DAWはどんどん進化していきますね。(^^)



シェアする



コメント

  1. HA-ROOKIE より:

    こんはんは(^^)

    僕の音楽仲間のほとんどは、たまたまなのですがCubaseを使っていて、
    SONARユーザーがいないので、あまり話題になる事が無いですが、
    Cubase、Pro Tools、SONAR、Rogic Pro、、などなど、
    競合がひしめいていますね(^^)

    メーカーごとに特徴はあるものの、機能面やクオリティは
    横並び、なのでしょうか・・・

    フリー版で、それなりに高機能なDAWもありますね。
    僕の息子もそれで録音したりしてます。

    自分の高校生時代と比較すると、、、
    あまりに比較にならなさ過ぎて笑ってしまいますね(笑)

    • MOMODON より:

      HA-ROOKIE さん、こんにちは。

      遅くなりました。(^^;

      録音、MIDI、プラグインを使用しての音源/エフェクト、
      トラックダウンについてはどのDAWでも可能なので、
      どのDAWを買っても曲は作れますよね。
      そういった意味では横並びですね。(^^)

      しかしHA-ROOKIEさんのおっしゃるとおり、
      DAWにはグレードの差異やメーカーの特徴に違いがあり、
      主に作る曲調や曲作りの手法によっては
      便利なDAW、不便なDAWがあるかもしれません。

      あとはトラックダウン時の音質でしょうか。

      デジタルだから同じ条件では無いと思われがちですが、
      フェーダー位置によるDAWでの小数点以下の処理によって、
      トラックダウン後の音の違いを聞き取れる方も
      いらっしゃるようで。

      高校時代と比較すると
      ホントに笑ってしまうほど環境が違っていますね。

      私がシーケンサーからPCに移行した時は、
      パソコン一式40万、DTM音源セット8万円でした。

      インターネット・・・もとい、
      パソコン通信を利用する速度はモデムで14400bpsでした。
      ニフティーサーブでの掲示板が懐かしいです。(^^)