Proteus VX 1

E-MUのフリーVSTi(インストゥルメント)Proteus VX です。

E-MU製品にバンドルされていたものを、現在は無償公開しています。
1,000を超える音色数とエフェクト機能が魅力のVSTiです。

Proteus VX
私のWindows7/64bit+CubaseStudio5/64bitの環境では、
スタンドアロンをしては動作しましたが、VSTとしては
起動後画面をクリックすると消えてしまい、操作できませんでした。

上記環境以外の方は試してみては如何でしょう?

Proteus VX
音色カテゴリですが結構あります。

Proteus VX
これは、EQプリセットです。

Proteus VX
これは、エフェクトタイプ。

Proteus VX
16chのMIDIと左側が音色プリセットです。

Proteus VX
これはフィルター関連です。
選択した音色ごとに使用できる内容は変化します。

使い方は至って簡単で、オーディオI/Oの設定後、
音色を選択して画面中央へドラッグ&ドロップです。

ダウンロードしたフォルダには、日本語マニュアルと英字で
書かれたPDFがありました。しかし、中身は英文でした。(^^;

挿絵も多く、
CubaseLE4を使用した設定方法も詳しく(英語で)書いてあります。

マニュアルはかなり解りやすい部類だと思います。

OSやDAWの組み合わせで使用できる方は面白いかも。
次回、ダウンロードについて書いてみます。



シェアする



コメント

  1. 7th-lab より:

    SECRET: 0
    PASS: cc368c7dbf5e0955eb438950581b57de
    毎度です。
    友人のウィンドシンセプレイヤー、Hiro.MTBが、コイツをスタンドアローンでウィンドシンセの音源にしようとして、結果設定が上手くいかなかったことを思い出しました。
    よかったら近々当時の状況を整理してお伝えしますので、設定方法等教えて頂いたらと思っております。
    ぜひよろしゅ~に。

  2. MOMO DON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつも毎度です。
    さて、Hiro.MTBさんは確か「EWI4000s」でしたね。
    MIDI in/out があるので、MIDIインターフェイス経由でPCにMIDI信号を送ればOKだと思います。
    その際、MIDI-outとMIDI-in のポートを合わせておいて、ProteusVXで1ch-16chのポート設定にそのMIDIインターフェイスのポートを選択します。あとは1chの所で音色を設定すれば鳴るはずです。
    私のKX25はMIDIインターフェイス機能もあるので、電子ピアノP-120SとKX25を接続し、「P-120→KX25(MIDIインターフェイスとして使用)→PCへUSB→ProteusVX」で音が鳴ります。
    各機器の設定状況と接続を伝えて頂ければ、解る範囲でお答えします。
    コメント欄で長文になるようでしたら、メールでも構いません。ブログトップページ右カラムからメールを送ることができます。