PR
スポンサーリンク

EZ DRUMMER 3 セール中 残り2日

EZ DRUMMER 3

EZ DRUMMER 3 がTOONTRACK社の最大40%OFFサマーセールで22,000円で購入できます。

セールの期間も残り僅かで2023年7月31日 17:00までとなっています。

EZ DRUMMER、EZ DRUMMER 2 からのアップグレードパスも用意されています。

アップグレード版は12,100円となっているので、欲しい方は急ぎましょう。(^^)

EZ DRUMMER 3は2022年5月に発売されダウンロード版では約15GBのデータ量を持つドラム音源です。ちなみにダウンロード容量は18GBです。

ゴーストノートを簡単にコントロールできるほか、アーティキュレーションを自動的に変化させ、全体の表現力を高めることができるようです。

EZ DRUMMER 3

EZ DRUMMER 3には、初期ライブラリとして「MAIN ROOM」「BRIGHT ROOM」「TIGHT ROOM」といった3種類のルームでレコーディングを行ったドラムキットが収録されており、7つのキットに加え、スネア、キック、シンバルも追加されているようです。

全てのライブラリをダウンロード/インストールする場合、ハードディスクに約36GB以上の空き領域が必要ですと注意書きがあるようにバージョンが上がるごとにデータ量も増えており、より生っぽいドラムへと進化しているようですが、EZ DRUMMERの良い所は既にエンジニアにより加工された「使える音」がライブラリとして用意されている点です。

初心者であっても難しいドラム知識やレコーディング知識がなくとも簡単に「使える音」が手に入ることが名前の由来どおりイージーなドラム音源のEZ DRUMMER 3。

SUPERIOR DRUMMER 3

もの足りなくなったら拡張ライブラリでドラムきっとを増やしたり、生録音された音を最初から自分好みにエンジニアリングしたい場合は、上位版の「SUPERIOR DRUMMER 3」があります。

49,500円と少々お高いですが、ダウンロードサイズ約241GB、コア・ライブラリは約235GBにも及ぶモンスター級のドラム音源です。

created by Rinker
Toontrack
¥54,768 (2024/04/20 00:11:15時点 Amazon調べ-詳細)

BFD3と双璧を担っている音源ですが、ジャンルや好みもありますし、もちろんその他にもドラム音源は沢山発売されているので、どれが良いとはいえないのですが、私はSUPERIOR DRUMMER 3をメインで使って、時々BFD3を使ったり、面倒でサッと作りたいときはEZ DRUMMER2を使用しています。

EZ DRUMMER 3に12,100円かけてアップグレードしようかとも思いますが、使用頻度はSUPERIOR DRUMMER 3の方が格段に多いのでSUPERIOR DRUMMER 4の発売を待とうかなと思います。

SUPERIOR DRUMMER 3は2017年9月に発売されたので、もう何年かでバージョンアップすることと思いますし、SUPERIOR DRUMMER 3で今のところ満足しているので3は見送ろうと思います。

しかし、DTMを始めた頃はEZ DRUMMERにはお世話になっており、拡張音源もたくさん買いました。(^^)

EZX METAL HEADS

慣れてきてからはSUPERIOR DRUMMERを使うことが多く、EZ DRUMMERの拡張音源も読み込めるので重宝しましたし、SUPERIOR DRUMMER専用の拡張音源もいくつか買い足しました。

基本、HR/HM系ですので私はBFDよりこっちの方が相性が良いですが、TOONTRACK社のドラム音源もオールジャンルで使える基本キットや拡張音源があるので、これはもう好みの問題です。

さて、久々にセール関連の続投でした。

興味のある方はSONICWIREのサイトに行ってみましょう。(^^)

タイトルとURLをコピーしました