LINE 6 POD GO 発表

POD GO

2020年01月17日、NAMM2020にてPOD GOが発表されました。

2015年11月にフラッグシップモデルHelix Floor、Helix Rackが、2017年4月にHelix LTが、2018年1月にHX effectsが、2018年10月にHX Stompが発売されました。

POD GOはHXプロセッサーから継承したアンプ、キャビネットおよびエフェクト・モデルが搭載されるようすが、公式HPではまだ詳細レベルの内容は記載されていません。

第五世代モデリング  POD GO

LINE6 POD HD500 V2.6

私が使用しているのはPOD HD500、2010年10月に発売された第四世代のPODとなります。

今春発売予定のPOD GOはHXプロセッサから継承されているので第五世代のPODということになります。

第一世代 1998~2000年
初代Pod、Pod 2.0、Bass Pod

第二世代 2002~2007年
Pod XT、Bass Pod XT、Pod XT Pro、Pod XT Live、Floor、Floor Plus

第三世代 2007~2010年
Pod X3、Pod X3 Live、Pocket Pod、Pocket Pod Express、Pod X3 Pro
POD Farm 2(ソフトウェア)

第四世代 2010~2013年
Pod HD 500、Pod HD 400、Pod HD 300、Pod HD、Pod HD Pro、Pod HD ProX、Pod HD 500X

第五世代 2020年~
POD GO

このようにまとめることができますが、2013年の第四世代PODと第五世代となるPOD GOの間が7年あいていますが、この間である2015年11月からは Helixシリーズが発売されています。

Helixシリーズの発売でPODシリーズは終了と思っていたのでPOD GOの発売は意外でした。

価格帯や機能、インターフェイスのすみ分けで共存させていくのでしょうか。

メーカーサイトに詳細な情報が追加されるのが楽しみです。



スポンサーリンク

シェアする