動画配信機材 ROLAND GO:LIVECAST

GO:LIVECAST

最近、YouTube等をみているとライブ動画配信されている方も増えてきました。

ROLANDから2020年1月25日に発売された GO:LIVECAST は、ライブ動画配信も配信用動画作成も両方が可能なライブ配信ツールです。

マイクとスマートフォン、そして GO:LIVECAST の3つがあれば配信が簡単に行えます。

スポンサーリンク

ライブ配信ツール GO:LIVECAST

GO:LIVECAST

GO:LIVECAST の全面パネルには、上からパッドの音量ツマミ、マイクの感度調整ツマミ、
マイクエフェクト オン/オフ ボタン、マイク音声ミュートボタン。

効果音パッドの1~6には無料素材から選択した効果音をアサインできます。

初期設定では、パッド4に動画、パッド5に静止画、パッド6にテキストが割り当てられており、カメラの画像の上に重なって表示されます。

カメラボタンはサテライトカメラを使用します。
もう一台のスマートフォンのカメラを使用し、2台のカメラで配信を行うことができます。

オンエアーボタンは配信、録画スタートのボタンです。

GO:LIVECAST はライブ配信だけでなく、動画をスマートフォンに録画することも可能です。

created by Rinker
Roland(ローランド)
¥27,500 (2020/07/31 12:07:46時点 Amazon調べ-詳細)

GO:LIVECAST

BGMを流したりキーボードなどを入力できる端子とその音量調節ツマミです。

ウォークマンやiPadなどを接続して曲を流したりします。
著作権には注意しましょう。(^^)

ヘッドホン端子とその音量調節ツマミです。

この端子にはスピーカーも接続することが出来ますが、スピーカー使用時は、内蔵マイクは使用できません。

GO:LIVECAST

マイクはシュアーSM58に代表されるダイナミック型マイクの他に、ファントム48V給電が必要なコンデンサー型マイクも使用することが可能です。

注)ファンタム電源:DC48V、6mA Max

コンデンサー型マイクの方が、音がこもらず鮮明に録音されるのでお勧めです。

その他に、ヘッドセットは 3.5mm ミニ・プラグ(4極)CTIA 方式のものに対応しています。

マイクが接続されていない時は、本体のマイクが有効になります。

スピーカー使用時は、内蔵マイクは使用できません。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥8,980 (2020/07/31 14:31:21時点 Amazon調べ-詳細)

カメラ、操作用のスマートフォンを接続する USB Micro-B 端子と電源用の端子です。

Lightning to USB Micro-B type ケーブルは製品に付属しています。
Lightning to USB 3 Camera アダプターやUSB-C Digital AV Multiport アダプターを利用して、スマートフォンに給電しながら配信、録画を行うことも可能です。

付属品

Lightning to USB マイクロ B タイプ・ケーブル、USB Type-C™ to USB マイクロ B タイプ・ケーブル、USB Type-A to USB マイクロ B タイプ・ケーブルが付属してします。

2カメでの配信について

もう一台のスマートフォンを無線接続して、コントローラーのカメラボタンを押すだけで切り替えできます。

GO:LIVECAST

GO:LIVECAST の取扱説明書には上記の記載があり、2台目のカメラの画面位置はオフも含む4パターンのようです。

注意点としては、メイン側と、サテライト側の両方のスマートフォンに GO:LIVECAST アプリがインストールされている必要があることと、メイン側とサテライト側の両方のスマートフォンが、同じ Wi-Fi に接続されている必要があるようです。

GO:LIVECAST 配信プラットフォーム

GO:LIVECAST の配信可能なプラットフォームは、

  • Facebook Live (個人,グループ,ページ)
  • YouTube (チャンネル登録者 1,000 人以上)
  • Twitch
  • ツイキャス
  • Custom RTMP

上記のとおりとなっているようです。

その他必要品

配信、録画に必要なものは、GO:LIVECAST 以外にマイク、マイクスタンド、ヘッドホンがあれば、とりあえず配信は可能です。

もっと凝れば照明であったり、給電関係も充実させたいところですね。(^^)

購入の前に確認しておこう

スマートフォンの対応機種について、自身の機種が対応機種となっているか、ROLANDのホームページで確認しておきましょう。

下記のアドレスで確認できます。

https://www.roland.com/jp/support/by_product/golivecast/support_documents/2b0b413d-6407-4b6e-b076-294af4fb8438/

最近、ほんとに流行っているようですね。(^^)

 

タイトルとURLをコピーしました