フジゲン シングルコイルピックアップ

フッ素コート

FUJIGEN Neo Classic シリーズの安価な機種に搭載されているシングルコイル FGN 63VS-HOT ですが、ピックアップの型番からして63年製ストラトをモデルにしているように感じます。

アンプのセッティングやエフェクター環境によって印象は異なるとは思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

FGN 63VS-HOT

型番を推測すると、

FGNはフジゲンの略記
63は63年製(の)
VSはビンテージストラトまたはビンテージスタイル

HOTは高出力

まとめると「FGN 63VS-HOT」は63年製ストラトに搭載されていたピックアップを高出力にしたイメージのピックアップであると推測できます。

実際のところ、他のギターに搭載しているセイモアダンカン SSL-1より力強い音がします。

フジゲンのサイトには記載がありませんが、音からするとアルニコ5が使用されているのではないでしょうか。

ハイゲインなので「5」だと思ったのですが、SSL-1も「5」でした。(^^;

傾向は似ているのでワイヤーの太さと巻き数などの差でしょうか。

ハイゲインといってもフェライト系の音とは違うような気がしたので、おそらくアルニコ5でしょう。

気になるのはSeymour Duncan SSL-1を付けているギターと比較してサステインが短いのです。

音がつまった感じはしないので、フレットやブリッジの影響ではないような。

見た感じではピックアップはそれほど高くセッティングされていないのですが、磁力に引っ張られてサステインが弱くなっている印象です。

それと弦交換の際にやたらと弦がピックアップのポールピースにくっつくのです。

やはり磁力の強い高出力タイプなのでしょう。

時間があるときにピックアップ高を下げて、サステインが改善するか試してみたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました