YAMAHA FG-402

YAMAHA FG-402

友人からメンテナンスで預かった3本のうち最後の1本、YAMAHA FG-402 です。

メンテ後の写真なので綺麗ですが・・・、最初の写真を撮るのを忘れるくらいの3本でした。

型番からして入門用であることに違いないのですが、扱いが・・・。

最後もなかなか手ごわいギターでした

これまたこれまでの2本と一緒でタバコヤニとホコリコーティングされた状態でした。幸いにもペグにサビはありませんでしたが、ヤニで固まって回らない。(^^;

YAMAHA FG-402

ペグはヘッドから取り外して、油汚れのうちなのでアルカリ性洗剤に漬けて除去。

残った金属パーツは固まってヘッドから取れないので、楽器用金属クリーナーで時間をかけて磨きました。

YAMAHA FG-402

プラスティック部品もヤニが付着していたので漂白剤につけて・・・。

途中から本当に楽器のメンテナンスをしているのか家具の掃除をしているのか分からなくなります。笑

YAMAHA FG-402

埃だらけでヤニコートもされてあったペグもこのとおり。

YAMAHA FG-402

ボディは鏡面仕上げに磨いてフレットも磨いてすり合わせて、フィンガーボードもカラカラだったのでレモンオイルで汚れ落とし&油分の補給。

ギター3本

弦は3本ともエリクサーを張っておきました。

これだけ綺麗に仕上げれば・・・弦代もそこそこしましたし、しばらくは丁寧に扱うことでしょう。

今回は頑固な汚れだったので漂白剤やアルカリ性洗剤を使用しましたが、本来、楽器に使用するものではありません。

金属の腐食や塗装の変色や浸食、材質の変化や形状崩れとなる場合があるのでやめましょう。

こまめにカラ拭きするのが一番です。(^^)



シェアする