アップグレードしたEZ DRUMMER2にPOP/ROCKキットが無い場合

EZ Drummer1

EZ Drummer1からEZ Drummer2にアップグレードした際、EZ Drummer1に付属しているPOP/ROCKキットは無償で提供されているものと思います。

しかし、OSの再セットアップや異なるPCにEZ Drummer2を再インストールした際にPOP/ROCKキットがインストールされていない場合があります。

アップグレードしたEZ Drummer2でPOP/Rockキットを使用する

新規のEZ Drummer2ユーザーが初代EZDrummerのPOP/ROCKキットを使用するには、別途POP/ROCKキットを購入する必要がありますが、1から2へアップグレードした場合はPOP/ROCKキットは無償で提供されている形となっています。

アップグレードユーザーが先の理由でEZ Drummer2をインストールし、POP/ROCKキットが表示されないのは「2」だけをインストールしたので新規ユーザーと同じインストールとなっています。

再インストールの際は1からインストールする

面倒ですが再インストールする際は、まずEZ Drummer1をインストールしPOP/ROCKキットがある状態を作ります。

そしてその後にEZ DRUMMER2をインストールします。

この手順でEZ Drummer「1」はPOP/ROCKキットを含んだ「2」に置き換わり、Toontrack Product Managerに表示されるEZ Drummerはグレーアウトされます。

EZ DRUMMER2を起動するとPop/Rockキットが表示されています。

これで初代EZ DRUMMER付属されていた「POP/ROCK」キットをEZ Drummer2で使用できます。

まずは慌てず最初の手順で

アップグレードしたということは、過去にPOP/ROCKキットを使用した曲があることと思います。

それらの曲を再度DAWで使用する為に必要だからといって態々キットを購入するのはもったいないです。

最初、1がインストールされた環境で2をインストールしたのだから同じ手順を踏めば使用できます。

実は私も最初は焦ったうちの一人でした。(^^;



シェアする