Les Paul Standard

Epiphone Les Paul Standard Plus-Top Heritage Cherry Sunburst
Epiphone Les Paul Standard Plus-Top

ギブソン中国工場で製造されている機種です。

購入時の記事で書いていますが価格を考慮しても
お世辞にも仕込みが良いギターとは言えませんでした。

それでも自分でクリーニングや
メンテナンスができる方なら
特に問題にならないレベルです。(^^)

・Flamed Maple/Mahogany body
・Mahogany neck
・Rosewood fingerboard
・trepezoid inlay
・Epiphone USA Alnico Classic Humbucker neck pu
・Epiphone USA Alnico Classic Humbucker bridge pu
・color Heritage Cherry Sunburst

しかも不思議なギターというか・・・。
購入時には倍音が少しだけ少ないかなという感想で、
リフを弾いても太いけどおとなしい感じがしていたのですが、
最近では良い感じの暴れ具合になっています。(^^)

メンテナンスの際にピックアップの高さを調整したこと、
使用している弦が異なること以外に違いはないのですが。

ピックアップの高さ調整といっても極僅かですし。
購入時にサーキットの確認もしているので、
接触云々ではなさそうですし。

いつの間にかPT COSTOMのような
ワイルドな奴になっていました。(^^;



シェアする



コメント

  1. KYUPI より:

    SECRET: 0
    PASS: a8e74967aab2f75397bf3cd9bdb2a641
    数年前にFBIにがさいれされて、レスポールカスタムの指板には
    紙を使わなければならなくなったギブソンですが
    日本の企業を買収したりする ホント不思議です
    不思議なことは、本家レスポの材料がなんか
    中国製のレスポと同じではないのかなと
    思えることが~  音にも最近感じます
    それはさておき
    ヘルニア自分も同じような状態だったので
    手術しました。
    MRIの画像はももどんさんとそっくりです
    普通は出っ張りの軟骨は1G削るんですが
    自分の場合3Gと多く
    いたさがよ~~くわかります
    この際 腕のいいDOCに軟骨とってもらっては?

  2. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    KYUPI さん、こんばんは。
    向こうの会社は投資家事情や
    オーナー事情もありますから、
    ギブソン社も色々な部門があって
    多角的にやっているようです。(^^)
    確か低価格帯のギブソンギターは
    中国工場で木材とパーツが作られており、
    仕込みだけアメリカに送ってやっていたような。
    エピフォンはその場で仕上げていると。
    忘れましたが。(^^;
    決算の準備やら新年度開始準備で・・・。
    夏ぐらいに時間ができたら・・・。
    オペはその時まだ麻痺が残っていたら考えようかと。(^^)
    今は幸い痛みがあまりなく、左足の麻痺状態なので
    デスクワーク中心の私にはそう影響がないのです。
    そのうち感覚が戻ってくれば言うこと無しなのですが。(^^;