簡単作曲練習法

20150421010

簡単な作曲練習法を。
といってもコード進行やアレンジの話ではなく、メロディーのお話です。

楽器が弾ける方はコードを繋げて簡単な伴奏を作るのは
さほど苦になりませんが、メロディーはなかなか思い浮かばなかったり。

他人事のように書いていますが私のことです。(^^;

20150421012

例えば誰もが知っている「うさぎとかめ」

著作権が切れパブリックドメインになっている曲です。

もしもし かめよ かめさんよ
せかいのうちで おまえほど
あゆみの のろい ものはない
どうして そんなに のろいのか

この歌詞を題材にメロディーを作ってみましょう。
七五調なので作りやすいと思います。

元のメロディーは忘れて新しいメロディーを。

作曲は想像力。

TMR(西川さん)っぽいメロディーにしてみましょう。(^^)

頭の中でエレクトリックバスドラムの音を4つ打ちで鳴らします。

「ドン!、ドン!、ドン!、ドン!」

これに音階は無くてもいいですから
オーケストラヒットが鳴っているイメージで。

はい、頭の中にテンポとイメージが浮かんだら
先ほどの歌詞を西川さんになったつもりで
頭の中で歌ってみましょう。

扇風機を「強」にして両手を広げ、空を見上げましょう。(^ ^)

ノッテきても声を出してはダメです。

ここではまだ「うさぎとかめ」なので恥ずかしいです。笑

ハイ、次はアコギを持った福山さんで。

次は陽気なリズムを思い浮かべて○○さんで。
今度はバラードを思い浮かべて○○さんで。

最初にリズムと簡単な楽器構成のイメージを持つと
メロディーは出てきやすいと思います。

慣れてきたら○○さん風から、自分らしいメロディ作成や、
マイナーコードでのメロディーやブルース、ジャズっぽい
コードに乗せてメロディーを思い浮かべてみましょう。

出来上がったメロディーにコードを乗せるのは
少し知識が必要かもしれませんが、
最初のうちはDAWを有効に活用してみましょう。

20150421013

CUBASEのミドルグレードである
Cubase Artist 8に搭載されているコードアシスタント。

コード進行を視覚的、理論的に選択できるように五度圏で表示されます。

20150421014

また、フラッグシップグレードのCubase Pro 8では
五度圏表示に加えて近接コード表示も可能です。

これで「次のコード」に悩まなくてもOK。(^^)

20150421011

あとは、出来たメロディの歌詞を「うさぎとかめ」から
オリジナルのものへ差し替えましょう。

差し替えられた歌詞も七五調を基本としていることになるので、
とても歌いやすく聴きやすい譜割になっているハズです。(^^)

私が昔やっていたメロディー作成の練習法です。笑



シェアする



コメント

  1. HA-ROOKIE より:

    おはようございます(^^)

    なるほど(笑)
    とても分りやすい解説ですね。実際に参考になります(^^)

    僕は車を運転している時や歩いているときなど、
    楽器を手にしていない時に出来る、と言うか作る事が多いです。

    相対音感で、コード進行とメロディの抑揚だけをメモしたり、
    スマホにフフフ~と録音したり…

    今回の作曲法、、とても分りやすかったので、
    今度試してみます(^^)

    • MOMODON より:

      HA-ROOKIE さん、こんばんは。

      私も車の運転中や散歩時に浮かぶことが多いです。

      で、帰ると細かい所は忘れていて
      ツマラナイものになっているという。(^^;

      絶対音感は持ち合わせておらず、
      しかも音痴な相対音感で記憶しているので
      アレ!?転調してたっけ?なこともしばしばです。笑