Requiem~a novelette~一覧

NO IMAGE

第11話 勝者と敗者

あれからどれくらいの刻が過ぎたのだろうか。 ヒドラの偵察隊キャンプのアタックからだ。 俺の名はトライオード。 カロン国の雇われ...

記事を読む

NO IMAGE

第10話 最後の晩餐

陽だまりの中に俺はいる。 目の前には川が流れている。 山から流れ来るその水はとても澄んでいる。 反射する日差しが水面に様々な模...

記事を読む

NO IMAGE

第9話 沈黙の革命

俺たちカロンの兵はヒドラが占領する ニクスの東の街へ向かって行進を続けている。 俺たちは夕暮れを待たずに野営ポイントに到着した。 ...

記事を読む

NO IMAGE

第8話 エノーラ

眠れない夜が明けた。 俺たちの隊はまた東に向けて歩き始めた。 今日はみな無言のままだ。 無言の行進が暫く続いていた時だった。 ...

記事を読む

NO IMAGE

第7話 廃墟の町

ヒドラが占領するニクスの東の街へはまだ遠いはずだが、 目の前に小さな集落が見えてきた。 俺たちはそこで休憩をすることにした。 それ...

記事を読む

NO IMAGE

第6話 俺の知らない俺

俺たちは東に向かっている。 ヒドラの軍が占領したニクスの街を解放する為だ。 偵察兵の報告によるとヒドラの兵の数は2000人。 ...

記事を読む

NO IMAGE

第5話 小さな国葬

いつの間にか深い眠りについていたようだ。 闇は既に明けいつもの朝日が昇っている。 何日目だ・・・、今の俺になって。 そんな事を...

記事を読む

NO IMAGE

第4話 霧に包まれて

俺は大佐に騒動の説明を求められていた。 ダンの話が頭を過る。 「トライオード、何があったんだ。」 「またあいつか。アベルが騒動...

記事を読む

NO IMAGE

第3話 ドクターと呼ばれる男

ベースキャンプに帰った頃にはすっかり陽も暮れていた。 ジョンはどこか誇らしげだ。 穴の空いたバケツは川魚で一杯だ。 さっそくキ...

記事を読む

NO IMAGE

第2話 三国の利害

・・・眩しい。 どうやら夜が明けたようだ。 相変わらず頭はぼんやりと重い。 昨夜の質問の答えも判らないままだ。 「おい。...

記事を読む