Requiem~a novelette~

Requiem~a novelette~

Requiem/n

投稿日付は異なりますが、これから少しの間忙しくなるので この間、昨年末に掲載した「Requiem」で間をつなぎます。(^^; この曲は、先に小説として物語を書いて、 それに曲と歌詞を付ける手法で作った曲でした。 その物語をこ...
Requiem~a novelette~

第40話 鎮魂歌

「・・・。」 「・・・・・。」 誰か僕を呼んでいる。 「コラ!キミ!」 「いい加減起きなさい!」 「そんなに私の講義が退屈なの!」 誰かが僕のことを怒っている。 眠い。 寝過ぎて頭がボ~っとす...
Requiem~a novelette~

第39話 祝福の鐘の音

俺達は森に紛れて東の国境を目指している。 俺もロゼッタも脚を負傷し思うように先を急げない。 地平線はまだ暗い。 もう少し時間はあるようだ。 遠くで犬の吠える声がする。 ヒドラ兵の追手だ。 俺達の血...
Requiem~a novelette~

第38話 永遠の詩

「シッ!誰かが近づいてきている。」 俺達は息を潜めた。 ヒドラの追ってのようだ。 幸い犬を連れていない。 犬がいれば足跡は雨で消せても この血の匂いで居場所がわかってしまう。 足音からして一人のようだ...
Requiem~a novelette~

第37話 銃声と雷鳴の中で

ロゼッタと俺は捕虜の群衆に紛れて町の出口を目指していた。 群衆の中での生存率は高い。 何とかこのまま出口まで辿りつかなくては。 その時だった。 町を囲む壁が外側に大きく崩れるように倒れた。 アレクシス達だ。...
Requiem~a novelette~

第36話 アベルとの別れ

町の裏手近くでは捕虜達の集団が出来ている。 クレイグ隊が破壊した壁の穴では一度に多くの捕虜は通れない。 3人同時が精々だ。 しかし未だに壁を壊す音が聞こえてくる。 俺達が突入した後はアレクシスの隊が 続けて壁穴を大...
Requiem~a novelette~

第35話 小さな希望

町の中は思ったより広かった。 幾百・・・いや幾千ものテントが張られていた。 「この中から探すのか・・・。」 俺は軽い絶望すら感じた。 テントの中はパニックになっていた。 それはそうだろう。 カ...
Requiem~a novelette~

第34話 突入の刻

レイモンド隊の動きが止まった。 捕虜の町は直ぐ前だ。 レイモンドがサインを出す。 アレクシスとクレイグの隊の方向に手が動いた。 『行け』 心の中にレイモンドの声が聞こえた。 そして3つの隊はV字型となって...
Requiem~a novelette~

第33話 漆黒の行進

遠くで刻を告げる教会の鐘が鳴った。 いよいよ出発の時がきた。 捕虜の町に向けて俺達は足を進めた。 その頃、大きな満月は雲に隠れた。 「まるで俺達の味方をしてくれているようだ。」 「時代が俺達の様子を伺ってい...
Requiem~a novelette~

第32話 迷い

いよいよ決戦の夜だ。 解放軍は準備に忙しい。 俺達はこれからニクスの山岳地帯にあるヒドラ軍の捕虜の町に向かう。 解放軍の数からいって勝ち目はまずない。 それでも俺達は作戦を決行する。 みんな死ぬ覚悟は出来ている...
タイトルとURLをコピーしました