Requiem~a novelette~

Requiem~a novelette~

Requiem/n

投稿日付は異なりますが、これから少しの間忙しくなるので この間、昨年末に掲載した「Requiem」で間をつなぎます。(^^; この曲は、先に小説として物語を書いて、 それに曲と歌詞を付ける手法で作った曲でした。 その物語をこ...
Requiem~a novelette~

第40話 鎮魂歌

「・・・。」 「・・・・・。」 誰か僕を呼んでいる。 「コラ!キミ!」 「いい加減起きなさい!」 「そんなに私の講義が退屈なの!」 誰かが僕のことを怒っている。 眠い。 寝過ぎて頭がボ~っとす...
Requiem~a novelette~

第39話 祝福の鐘の音

俺達は森に紛れて東の国境を目指している。 俺もロゼッタも脚を負傷し思うように先を急げない。 地平線はまだ暗い。 もう少し時間はあるようだ。 遠くで犬の吠える声がする。 ヒドラ兵の追手だ。 俺達の血...
Requiem~a novelette~

第38話 永遠の詩

「シッ!誰かが近づいてきている。」 俺達は息を潜めた。 ヒドラの追ってのようだ。 幸い犬を連れていない。 犬がいれば足跡は雨で消せても この血の匂いで居場所がわかってしまう。 足音からして一人のようだ...
Requiem~a novelette~

第37話 銃声と雷鳴の中で

ロゼッタと俺は捕虜の群衆に紛れて町の出口を目指していた。 群衆の中での生存率は高い。 何とかこのまま出口まで辿りつかなくては。 その時だった。 町を囲む壁が外側に大きく崩れるように倒れた。 アレクシス達だ。...
タイトルとURLをコピーしました