Requiem~a novelette~

Requiem~a novelette~

第5話 小さな国葬

いつの間にか深い眠りについていたようだ。 闇は既に明けいつもの朝日が昇っている。 何日目だ・・・、今の俺になって。 そんな事を思っていると傷ついた兵士が帰還してきた。 「大佐! 大佐!」 彼は酷く傷つき、そして叫ん...
Requiem~a novelette~

第4話 霧に包まれて

俺は大佐に騒動の説明を求められていた。 ダンの話が頭を過る。 「トライオード、何があったんだ。」 「またあいつか。アベルが騒動を起こしたのか。」 ドアが開き俺を呼びに来た彼女が入ってきた。 「エノーラか。入れ。」 ...
Requiem~a novelette~

第3話 ドクターと呼ばれる男

ベースキャンプに帰った頃にはすっかり陽も暮れていた。 ジョンはどこか誇らしげだ。 穴の空いたバケツは川魚で一杯だ。 さっそくキャンプでは薄明かりの中酒盛りが始まる。 戦場というものは緊張感で溢れていると思ったが、 キャ...
Requiem~a novelette~

第2話 三国の利害

・・・眩しい。 どうやら夜が明けたようだ。 相変わらず頭はぼんやりと重い。 昨夜の質問の答えも判らないままだ。 「おい。」 横に寝ていた彼も起きたようだ。 「なんだ。」 知らない言語が理解できる。そして...
Requiem~a novelette~

第1話 ベースキャンプの夜

「何やってんだ馬鹿!」 それは唐突に聞こえてきた。 「起きろ!トライオード!」 トライオード? 俺のことか? 朦朧としている意識が目覚め始めると 段々と状況が咀嚼できるようになってきた。 ここは戦場だ。 ...
タイトルとURLをコピーしました