Requiem~a novelette~

Requiem~a novelette~

第21話 呪いの雄叫び

俺はニクスの村を出て隣村の市場にいた。 武装したカロンの軍人が大勢いる。 誰も笑っていない。 村の市場が通常どおり開催されているところを見ると、 この光景は今日だけではなく随分と続いていると考える方が自然だ。 大人は馴...
Requiem~a novelette~

第20話 それぞれの道

俺はロゼッタと彼女の家にいる。 テーブルには温かいたんぽぽのコーヒーが入れてある。 「先生・・・。」 「もう何も君は考えるな。」 「これは俺の問題だ。」 「先生だけの問題じゃないわ!」 「この村に医者...
Requiem~a novelette~

第19話 決意

次の朝、俺は村に立てられた札を見つめている。 『ニクスの村の民に告ぐ。 明後日までに隣村の市場まで トライオード医師を投降させること。 明後日以降、彼をかくまった者は銃殺とする。 また村が関与している場合はこの...
Requiem~a novelette~

第18話 三文芝居

「先生!あいつらだ!」 ドアに向かう俺をロゼッタが行く手を阻んで制止した。 彼女の表情はいつになく厳しい。 ロゼッタは先客の男に目で合図を送った。 それを見た男は俺の所にやってきて、 俺の手を掴むと手の平をゆっくり...
Requiem~a novelette~

第17話 終りを告げる鐘

あれから1週間が過ぎた。 俺達はどこかぎこちない。 それはそうだろう。 あんなことがあったんだ。 昨日と変わらない毎日が始まった。 それでも人はこんな生活を幸せと呼ぶのだろう。 でも何かが足りない。 心の中...
Requiem~a novelette~

第16話 天使の涙

穏かな日だ。 いつもの毎日が始まる。 ロゼッタは診察の後片付けをしている。 夜間の急患で忙しかったが、充実した毎日を俺は送っている。 今日は休診日だ。 ロゼッタの家は村から少し外れた所にある。 家...
Requiem~a novelette~

第15話 純白の白衣

「・・・セイ。」 「・・ンセイ。」 「先生!トライオード先生!」 「ロゼッタ?」 ロゼッタが俺を激しく揺さぶっている。 「ここは・・・どこだ?」 「大丈夫・・・ですか?」 ...
Requiem~a novelette~

第14話 閃光の中で

俺はアベルのいるテントを離れてエノーラのもとに急いだ。 やけにテントが静かだ。 嫌な予感を感じてテントに飛び込んだ。 その光景に俺は言葉を失い、膝を落とし、地面の土を強く握りしめた。 「エノーラ・・・。」 ...
Requiem~a novelette~

第13話 悪夢

ここはどこだ? とても暗い。 ドドド、ドドドドドドド。 銃声だ。 あちこちで銃声が鳴り響いているのが聞こえる。 俺はテントの中で兵の治療を行なっている。 いや、治療と呼ぶには程遠い。 ただの手当を俺は必...
Requiem~a novelette~

第12話 真夜中の客

ドン、ドン。 ドン、ドン、ドン。 「先生!先生!開けて下さい!トライオード先生!」 ドン、ドン。 ドン、ドン、ドン。 激しく扉を叩く音で無理やり起こされた。 「今何時だ?」 「誰だこんな真夜中に。」...
タイトルとURLをコピーしました