【CUBASE初心者講座】#18 CUBASE LE プラグインの補強3

CUBASE LE

CUBASEシリーズの中で最下位グレードのCUBASE LE 10.5に、足りないエフェクトをフリーVSTプラグインをダウンロードして強化してみましょう。

これまでに、マキシマイザーとリミッター計3つのプラグインを追加してきました。
#15 CUBASE LE プラグインの補強1(LimitedZ)
#16 CUBASE LE プラグインの補強2(LoudMax、W1limite)

今回はステレオディレイを追加します。

スポンサーリンク

Sanford Delayのインストール

Mono Delay

CUBASEシリーズのバンドル版であるCUBASE AI/LE。

Delayはあるものの、モノラル版しか付属しておらず、StereoDelayやPingPong Delayは市販版のCUBASEにしか搭載されていません。

モノラル版のディレイだけでは物足りないので、今回はCUBASE LE 10.5にステレオディレイを組み込んでみます。

フリーVSTプラグインは沢山あるのですが、簡単に使える、見た目が分かりやすいという観点から「Sanford Delay」と「TAL-DUB-II」を選択しました。

まずはSanford Delayからです。

有名なプラグインなのでネットで検索するとすぐにダウンロードできるでしょう。

ダウンロードしたファイルを右クリックで「すべて展開」します。

展開されたフォルダの中にある「SanfordDelay.dll」をC:/Program File/Vstpulugins の中にコピーします。

このあたりの方法は「#16 CUBASE LE プラグインの補強2」を参考にしてください。

同じフォルダ内に「SanfordDelay32.dll」というファイルがありますが、これは32bit版なのでCUBASE10.5シリーズでは使用できません。64bit版の方を使用します。

ディレイ

CUBASE起動時に先ほどのプラグインファイルが読み込まれます。

Otherの中にSanford Delayが読み込まれていますので選択してみましょう。

カットオフフィルターを装備し、パンニングも出来るのですがSanford Delayでは付点の付いたディレイには対応していません。

簡単にステレオディレイを使用したい場合向けです。

TAL-DUB-II のインストール

TAL-DUB-IIも有名なプラグインなのでネットで検索するとすぐにダウンロードできるでしょう。

ダウンロードし展開したフォルダ内に「TAL-Dub-2.dll」というファイルがあるので、これをC:/Program File/Vstpulugins の中にコピーします。

ディレイ

TAL-DUB-IIです。

Sanford Delayより高機能で、ハイカット、ローカット、ドライブ、モジュレーションの構成で、Sanford Delayには簡単であるがゆえにプリセットはありませんでしたが、Sanford Delayにはプリセットが用意されています。

TAL-DUB-II

最初はこのプリセットの中からトラックに合うものを選択して、慣れてきたらプリセットのエディットを行ったり、最初からGUIでエディットすることもできます。

今回は2つのディレイをCUBASE LEに組み込みました。

created by Rinker
Steinberg(スタインバーグ)
¥12,338 (2020/07/30 15:43:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

タイトルとURLをコピーしました