・DTM機材

YAMAHA AG03

YAMAHA AG03

YAMAHA ウェブキャスティングミキサー  AG03

AG03はコンパクトな3チャンネルミキサーでループバックに対応。
そして2チャンネル仕様のUSBオーディオインターフェースでもあります。

発売予定日は2015年5月31日。

公式動画で機能をチェック

公式動画でAGの用途が想像できます。(^^)

3チャンネルミキサー+ADUIO I/O=インターネット配信に便利

ag0302

AG03はループバックに対応しているのでインターネット配信もOK!(^^)

ag0303

ヘッドセットが使えて、iPodやiPhoneなどもAUXに使えそうですね。
ファンタム電源もあるようなのでコンデンサ型マイクも使えます。

フェーダーでマイク音量の調整が瞬時に出来るのは
インターネット配信で重宝しそうです。

1-TOUCH DSP

ag0304

エフェクトはコンプレッサー、イコライザー、リバーブ。

ag0601

そしてギター用にAG06↑に搭載されているギターアンプシミュレータも
AG03に搭載されているようですが本体にその機能のスイッチはありません。

ユーティリティソフトのAG DSP CONTROLLER(Win/Mac)から設定するようです。
また、エフェクトのエディット内容はAG03とAG06では異なるようです。

ウェブキャスティングミキサーAGシリーズ

ag0304

AG03にはAG06の他にAG03-MIKUというバージョンもあり、
初音ミクV3(ORIGINAL/DARK)の39日体験版、
サウンド素材SONICWIREのフリーサンプル、
VOCALOID4 Editor for Cubaseの39日体験版がダウンロード出来きるようです。

CUBASE AI8をバンドル

バンドルされるDAWはCUBASE AIとありますが、
現時点での最新版はCUBASE AI8。

ユーザー登録をすることでダウンロードできるようになります。

YAMAHA/スタインバーグ機器にバンドルされるCUBASE AIは
登録時点で最新のCUBASE AIがダウンロードできるようですが、
他社製品にバンドルされる更に機能が限定されたCUBASE LEでは
メーカー間の契約によって登録時点での最新でない場合もあるようです。

AG03の仕様と動作環境

入力チャンネル:モノラル(MIC / LINE): 1(ヘッドセットマイク入力含む、プラグインパワー対応),ステレオ(LINE) / モノ(GUITAR): 1,USB IN: 1, AUX IN: 1
出力チャンネル:MONITOR OUT: 2,PHONES: 2(ヘッドセットヘッドフォン出力含む)
バス:ステレオ: 1
USBオーディオ:最大192kHz/24bit対応
ファンタム電源:+48
寸法:129mm(W)×63mm(H)×202mm(D)

マイクプリアンプはD-PREを搭載。
ギター/ベースを接続できるHi-Z対応。

AG03はWindows/Macの他にPad第2世代以降にも対応。
その際はApple iPad Camera Connection Kit又は
Lightning to USB Camera Adapterが必要です。

ag0305

電源はUSBバスパワーやモバイルバッテリーで動作します。

DTM関連のモバイル機器も各社充実きてきましたね。(^^)

-・DTM機材