・楽器/エフェクター

POD HD v2.6でモデリング追加

2015/09/11

podhd500x2601

NAMM Show 2015でLINE6社の新製品のリリース情報があったようですが、
その中で興味のある内容を一つ。

POD HDのファームウェアがバージョン2.6となり、
アンプとエフェクト・モデルが追加されるようです。

ただし、今回の(からの?)追加は有償(別売)のようです。

Metal Model Packで追加されるモデルは、
Peavey 5150 (Block logo)、Bogner Shiva、
Remastered Marshall JCM800 (Model 2204)、
Insane、Big Bottom、Variac’ed Plexi、Purge、
Aggro、Smash、Octone

Vintage Model Packで追加されるモデルは、
Roland JC-120、Fender Champ (Tweed)、
Orange OR-80、VOX AC30 (Fawn Normal Ch)、
VOX AC30 (Fawn Bright Ch)、Roland JC-120 2x12、
Fender Champ 1x8、Acoustic、Pete Anderson Custom

Bass Model Packで追加されるモデルは、
Ampeg SVT Normal Ch、Ampeg SVT Bright Ch、
Gallien-Kruger 800RB、SVT 8x10、SVT 410 HLF

個人的にはRoland JC-120や利用できる
ベースアンプモデルが増えることが嬉しいです。

POD HD500XにはFXセンド/リターンが装備されており、
手持ちのエフェクターをPOD HD500Xのルーティングに
アサインして使用することができます。

例えば私はBOSSのAcoustic Simulator AC-3
Power Stack ST-2を持っていますが、
JC-120に繋いだ時にその真価を発揮するようなので
Firmwareがv2.6でJC-120のモデリングがあるのは嬉しいです。

ファームウェアバージョンアップによって利用可能となるモデリングは、
これまでのバージョンアップによる無償追加とは異なり、
別売の形態を取るようです。

podxt201501

そういえば、2002年発売のPOD XTにもアドオンパックとして
別売でモデリングアンプやエフェクターがありました。

その時は各49ドルで、ベースのアドオンだけ99ドルだったような。

・・・とここまで書いて思ったのですが、
LINE6社のサイトではPOD HD500Xの写真が使われています。

podhd500201501

我が家のPOD HDはDSPパワーの低い旧機種のPOD HD500

新しいファームウェアが新シリーズのPOD HD500X,HD PROXだけではなく、
POD HD, HD300,HD400,HD500,HD PROまでカバーするのか
現時点では不明ですが、HOD HD v2.6とあるので大丈夫ですよね。(^^;

※2015年3月31日にFlash Memory Version 2.60.00が公開されましたが、
対象であった機種はPOD HD Pro XとPOD HD500Xでした。残念。(^^;

※2015年4月3日 Flash Memory Version 2.61.00公開
※2015年4月9日 Flash Memory Version 2.62.00公開
このバージョンからPOD HD500に対応しています。(^^)

後日、Flash Memory Version 2.62.00関連の記事を書きました。

 

-・楽器/エフェクター