WAVES Hybrid Reverb

Media Integration

メディア・インテグレーションのWAVES マンスリースペシャルでH-Reverb Hybrid Reverbが3,280円になっていたので購入しました。

通常価格は45,252円で93%OFFとのことですが、WAVESは通常価格が有って無いようなものなので、欲しいプラグインがセール対象になっていたら買い時です。

購入後のセールで更に割引率が上がっている時がありますが、それはそれと割り切りましょう。(^^)

H-Series(ハイブリッド シリーズ)

MediaIntegrationによる公式動画です。

H-Reverb Hybrid Reverbは「H-Series」にバンドルされているリバーブです。

H-SeriesはH-Comp(Hybrid Compressor)、H-Delay(Hybrid Delay)、H-Reverb(Hybrid Reverb)、H-EQ(Hybrid Equalizer)という4種類のプラグインエフェクトから構成されたバンドルで通常価格は77,760円なのですが、セール対象の際は概ね1万円チョイで購入できるバンドルです。

H-CompとH-Delay

このハイブリッドシリーズはアナログ機器の振る舞いをデジタルで制御することが特徴のプラグインで、4種類のプラグインのうち、H-CompとH-Delayは「Gold」にバンドルされています。

Hybrid Reverb

H-Reverb

H-Reverbの特徴は有限インパルス(FIR/Finite Impulse Response)を応用したリバーブだそうで、WAVESでは「美しい」「存在感がある」「リッチ」「深み」というキーワードで表現されています。

CUBASE PRO9.5

リバーブはCUBASE付属のプラグインや別途購入したWAVESのバンドルに入っているもの、ToontrackのEZ MIX2に含まれているものを使っていますが、いつも同じリバーブをマスターに使っていると「同じ雰囲気」になってしまうのでバリエーションが欲しいと思って購入しました。

また、私はギタートラックでディレイやリバーブに「リバース」を使って遊ぶことが多いので、リバース設定が行えることもHybrid Reverbを購入した動機でした。

原音を2系統に分けて、一方にディレイを掛けて遅延させ、その遅延音をリバースして1系統に戻すと面白いのです。

リバースさせたディレイ音に軽くアナログコーラスを掛けて戻すと更に雰囲気がでます。(^^)

H-Reverb

あとはプリセットが多いこと、プリディレイをテンポに合わせられることも魅力でしょうか。

リバーブとディレイの組み合わせ

ギターにコンプレッサーと歪系のエフェクトを掛けて、その音にリバースゲート処理を行い、更に残響でリバーブと軽くディレイを加えます。

あとはピックアップ付近をチョップ!

チョットしたパーカッションになります。(^^)

各トラックを馴染ませたり、マスターで統一性のある残響を加えることで複数の曲にトータル感を与えることが可能な残響系エフェクトですが、設定を変えると飛び道具的な使い方もできる面白いエフェクターです。



シェアする