SLM128

Steinbergから5月24日付けでラウドネスメーター
SLM 128がリリースされました。

Peak/VU/RMSの記事でCUBASEは標準でRMSメーターがないことを
書いていますが、これで平均音圧を確認することができます。(^^)

SLM 128はEBU R128に準拠したラウドネスメーターで、
・Momentary、Short Term、Integrated ラウドネスを数値表示。

・True Peak、Range を数値表示。
・Momentary、Short Term ラウドネスをメーター表示。

これらの機能を有したVST3プラグインです。

SLM 128はスタインバーグのホームページで無償提供されています。
http://japan.steinberg.net/jp/products/nuendo/slm128.html

いわゆるフリーVSTプラグインで、
Nuendo 5.x、Cubase 6.5.xで使用できますが
公式サポート外ということでした。

他のDAWで動作するのかは私は環境が無いので判りません。(^^;

daw01_20120525181402.jpg
さっそくラウドネスメーター SLM 128をインストールして起動してみます。

SLM12801.jpg
左上の数値から、
Momentary(LUFS)は400ms単位でのラウドネス値です。

Range(LU)はなんでしょう?400ms間の最大と最小の幅でしょうか。
すみません、判りません。(^^;

True Peak(dB)は計測している間の最大音圧レベルです。
Integrated(LUFS)は計測中の平均値です。

曲の始めから終わりまでSLM 128を表示させておくと、
その曲の平均音圧が表示されます。

Short Term(LUFS)は3秒単位でのラウドネス値を表示します。

ちなみにキャプチャしたSLM 128はTrue Peak(dB)が
0dBを超えていますね。クリップしています。(^^;

daw02.jpg
面白いので、別の曲でも表示させてみました。

SLM12802.jpg
いちばん賑やかなところだけ測っています。
このようなメータを使用すれば、曲の平均音圧を知ることができます。

自主でCDを作ったり、デモ曲集を作ったりする際に、
複数の曲の平均音圧を揃えておけば、曲ごとにヘッドホンや
スピーカーの音量を変えなくて済みます。

キチンと聴いてもらうには聴き手への配慮が必要ですね。(^^)

何かの参考までに。



シェアする



コメント

  1. 7th-lab より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コレ使ってみたいなぁ。
    いやね、真剣に「聴き手に優しいマスタリング」必要です。
    自分の耳があまりアテにならないので(爆)数値でわかるというのは頼りたいところ。
    AU版ないかなぁ。Steinbergだけに期待しちゃいますよねぇ。
    後でHP覗いてみようかな。
    ところで、タイトルバックの写真が時々変わっている件。
    見逃しません。今回はジャズベースですねw 。

  2. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    7th-lab さん、こんばんは。
    自分の耳があてにならないのは私も同じです。(^^)
    マック版もありましたけどVST3プラグインでした。
    ロジックのインストールフォルダの中にVSTプラグインを
    格納するフォルダがありますが、SLM 128はNuendo 5.x、
    Cubase 6.5.x用と書いてあるのでムリなのでしょうかね。
    VST3プラグインなのでVST3に対応しているDAWなら
    動きそうなものですが、怪しいですね。(^^;
    タイトルバックは自分が飽きてくるので
    時々変えています。次は何にしようかな。(^^)