SFZ+

SFZ+.gif
SFZ+ Professional

以前は60ドル(79円換算で約4800円)でしたが、
現在ではフリーウェア化されています。

いわゆるサンドフォントを鳴らせるサンプルプレイヤーで、
256ポリ、16chのMIDIポートに対応しています。

22, 32, 44.1, 48, 88.2, 96, 192 and 384 kHzの
サンプリングレートをサポートしており、
Wavでは16/24/32bitのファイルを読み込むことができます。

SFZ+ Professionalは複数のサウンドフォントを読み込むことができ、
GUIのとおり音色作りも簡単ではありますが行なうことができます。

パラアウトが出来るところも利点でしょうか。

しかし古いプラグインですし、今では安価なサンプルプレイヤーも
発売されていることを思えば、サウンドフォントの音色を試してみたい
入門用としては良いかもしれません。

SFZ+ ProfessionalはWindows専用で、VSTとDXiに対応しています。
ダウンロードはhttp://www.cakewalk.com/からになります。

Cakewalk Store→Buy Virtual Instruments
ここにSFZ+ Professionalがあるので詳細を確認できます。

購入(0円)はhttp://www.store.cakewalk.com/の
PRODUCT CATEGORIESにあるVirtual Instrumentsを
クリックするとSFZ+ Professionalが[0$]で表示されています。

購入手続きには無料のユーザー登録が必要です。

ダウンロードファイルは1.5MB程度のZIPファイルで、
解凍すると[sfz+101][sfz+DXi101]という2つのセットアップ
グログラムがあります。

このうち必要なのはどちらか1つ。

VST版はsfz+101、DXi版はsfz+DXi101です。

Windows7/64bitとCubase6.5/64bitの環境では試していないのですが、
VSTプリッジを介して32bitプラグインとして動作するハズです。(^^;

ハードディスクの整理をしていたら前に使っていた
SFZ+ Professionalが出てきたので書いてみました。

何かの参考までに。



シェアする



コメント

  1. HA-ROOKIE より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは(^^)
    有料版がフリーになる事もあるんですねw
    優秀なフリーソフトも数多く、
    本当にフリーでいいのかな、と思うような、
    重宝するプラグインも多いですよね(^^)
    プラグインもそうですが、
    ファイルの整理整頓も、快適な
    作業環境には必須事項ですね><

  2. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    HA-ROOKIE さん、こんばんは。
    スタインバーグでも過去に開発していた
    VSTがフリーで提供されていますよ。(^^)
    いつかクラウド環境が一般的になれば、
    高機能なDAWは無料で広く提供されて、
    必要なプラグインが有料又は課金制の
    ビジネスモデルが登場しそうですね。
    携帯はタダでも通信料とアプリ代は掛かる。
    このビジネスモデルになったりして。(^^;

  3. キュン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    studio one2 PRODUCER(32bit)というDAWでsfz+を使用してみました。
    OS win7 64bit HOME 6GBの環境です。sfz+はVsti版です。
    パラ出しして普通に動いています。メモリを増設して64bit対応のs1Professionalに移行したいのですが手持ちのvstエフェクト、vsti関係でなかなか踏み切れていない状況であります(^^;)個人的には64bit対応プラグインがもっと増えて欲しいです。

  4. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    キュン さん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。(^^)
    私はStudio One 2は凄く良いDAWという印象を持っています。
    CUBASEとも縁があるソフトですが、
    古い設計を捨てて最新のプログラム技術で作られたDAWなので、
    動作も機敏で安定度も高いとか。
    私はCUBASE64bit版を使っていますが、
    相性の悪い32bitVSTプラグインを当てると
    ASIOメーターが高い値を示したり、動作が
    不安定になることがあります。(^^;
    64bit対応版が増えてきたとはいえ、
    もう少し普及してほしいところですね。
    これからも宜しくお願い致します。(^^)