今なら手持ちのCUBASE AI/LEを無償で最新版の10.5に

CUBASEを登録してあるメールアドレスを確認してみてください。

Steinbergから「Cubase AI 10.5 に無償アップデート」というタイトルでメールが届いています。CUBASE LEユーザーには「Cubase LE 10.5 に無償アップデート」というタイトルで届いています。

これまではマイスタインバーグで登録内容のところに「バウチャー」として1,000円でアップデートできる時期が時々ありました。

今回は「無償」で最新のCUBASE AI/LE 10.5.10にアップデートできるようです。

これはチャンスですが、最新のCUBASEは64bitのみサポートしており32bit版は存在していません。32bit環境では使用できないことに注意が必要です。

CUBASEのダウンロードとインストール

 Steinberg Download Assistant (SDA)

Steinberg Download Assistant (SDA)を起動してCubase AI 105を選択し、私の場合はCUBASE AI 9.5からのアップデートなのでCubase AI 10.5.10_Fullをダウンロードします。

LEの方はAIの部分をLEに読み替えてください。

Steinberg Download Assistant (SDA)がインストールされていない環境では、メールに記載してあるダウンロードバナーからまずはSteinberg Download Assistantをダウンロードし、上記の手順を行います。

Steinberg Download Assistant

ダウンロードが終了すると「検証」が始まり、これが終了すると「開く」に変わるので、これをクリックします。

「Cubase_LE_AI_Elements_10.5.10_Installer_win」がダウンロードされているので、これを右クリックして「すべて展開」にし、解凍します。

作成されたフォルダの中に「Cubase LE AI Elements 10.5」があります。その中にある「Setup」をクリックし、Cubase AI 10.5.10のインストールを開始します。

Cubase AI インストール

インストーラが起動し、インストールの準備が始まります。

CUBASE AI インストール

次へをクリックし、インストールを開始します。

CUBASE AI インストール

ライセンス同意欄にチェックを入れ、次へをクリックします。

CUBASE AI インストール

私の場合はCUBASE AI 9.5からのアップデートなので付属ソフト類はアップデートされ、本体は別途インストールという表記です。

確認し次へをクリックします。

CUBASE AI インストール

先ほどの確認内容です。確認してインストールをクリックします。

CUBASE AI インストール

Microsoft Visual C++のインストール画面が表示される場合があります。

CUBASE AI インストール

インストール中です。

CUBASE AI インストール

インストールを終わったら終了をクリックします。

CUBASE AIのアクティベート

CUBASE AI インストール

デスクトップに作成されたアイコンのうち「eLicenser Control Center」をクリックし起動します。

CUBASE アクティベーション

「アクティベーションコードの入力」をクリックします。

CUBASE アクティベーション

「アクティベーションコードの入力」欄にメールに記載されているアクティベーションコードを入力します。

アクティベーション

画面右下の「ライセンスをアップグレード」をクリックします。

CUBASEアクティベーション

ライセンスのアップグレードが終了しました。「閉じる」をクリックします。

CUBASE AI 10.5+

無事に起動した CUBASE AI 10.5.10です。

LEでも同じ手順となります。

無償なので64bit環境の方は最新版にしてみるのも良いかもしれません。

※ AI/LEのどちらとも32bit環境はサポートされていません。



スポンサーリンク

シェアする