ひととき オリジナル サウンド トラック

ひととき オリジナル サウンド トラック

奥本はじめ監督による自主映画「ひととき」
その作品のサウンドトラックです。

映画の音楽を担当されたのは まりこうた さん。

kokorouta

映画やオリジナル サウンドトラックの詳細は
まりこうた さんのブログ、こころうた で確認することができます。

1.ivy
2.ivy (piano instrumental)
3.み ち
4.すべてのことばはメロディー (music box ver.)
5.おやすみの森
6.how can all the doubts go
7.a moment for moments (acoustic guitar ver.)
8.イトシキミ
9.ivy (orchestra ver.)
10.おやすみの森 (silent ver.)
11.a moment for moments (strings ver.)
12.すべてのことばはメロディー (acoustic guitar ver.)
13.泣かない泣かない
14.Soundless
15.a moment for moments

全15曲のサウンドトラック。
ピアノ曲はさすがの世界観でもちろんなのですが、
暖かい感じのする3拍子の曲「おやすみの森」や
音の隙間が気持ちよい「み ち」もお気に入りで
何回も繰り返し聞いています。(^^)



シェアする



コメント

  1. HA-ROOKIE より:

    こんばんは(^^)

    こちらもBGMに聴き入りながら、、、
    本当に素晴らしいサウンドトラックですね(^^)

    音楽って理屈じゃない、、、
    そんな風に想い、
    まだまだ自分も音楽を楽しもう、、、と勇気付けられました(^^)

    • MOMODON より:

      HA-ROOKIE さん、こんにちは。

      HA-ROOKIEさんも購入されたのですね。(^^)

      >音楽って理屈じゃない、、、

      本当にそうですね。
      良いものはたとえギター1本の弾き語りでも、
      キーボード1台の弾き語りでも届いてくる
      「何か」は確かに存在していますよね。

      私は楽器が弾けるといっても嗜む程度なので、
      まりこうたさんやHA-ROOKIEさんのように
      楽器も弾けてそして歌まで。
      しかもそのどちらもレベルが高いので
      曲が掲載されるのがいつも楽しみなのです。(^^)

  2. まりこうた より:

    MOMODONさん、こんにちわ!^^

    曲をたくさん聴いてくださっていて。。
    とぉっても、うれしいです。

    奥本さんの作品は、ほんとうに、素焼きせんべいのような味わいだから、
    塩、とか、シンプルな味しか足せないのです。
    でもその塩加減、塩の甘味口当たり。。
    シンプルゆえに、音のすき間に苦戦したり。。

    上手にできた、とはとても言えませんが、
    とてもいい経験になれたと思います。

    これからも、響き合いながら、音楽をして行きたいと思いますので、
    MOMODONさん、今後ともどうぞよろしくおねがいします^^

    そして。。
    あのピアノやドラムやギターの腕で「嗜む程度」なんて。。。。
    8つ目の大罪ですよ?(笑)

    *まりこうた*

    • MOMODON より:

      まりこうた さん、こんにちは。

      塩といえば家康の側室であるお梶の方を思い浮かべます。

      「一番美味いものは塩」
      どんな料理も塩加減一つで美味しくも不味くもなる。
      よって一番不味いものも「塩」。

      料理でもそうですが、
      塩分は人の体でも同じで多すぎても少なすぎても支障がでます。

      良質な食材にはミネラルたっぷりの塩をパラパラっと。
      これが一番なのです。(^^)

      ヒマラヤ岩塩(ピンクソルト)や海洋深層水から
      精製されたものなど我が家でも愛用しています。

      なんだか音楽と料理はとても似ていますね。(^^)

      そうそう、私は嗜む程度ですよ。
      グルタミン酸ナトリウム満載で誤魔化しているだけです。(^^;