Cubase El/AI/LE 7.0.6 公開

VOCALOID Editor for Cubase NEO
CUBASE7全シリーズでVOCALOID Editor for Cubase NEO
使用できるようになったことがアナウンスされておりました。

VOCALOID Editor for Cubaseは1.0.4以上、
Cubase AI7/LE7/Elemnets7は7.0.6以上の組み合わせとありました。

このことは2013年10月09日に発表され、
同日にボカキューはVer.1.0.4リリース。

ai701.jpg
あとはCUBASE側の対応を待っている状態でしたが、
10月24日にCubase Elements/AI/LE 7.0.6が公開されました。

これで当初、Cubase7、Cubase Artist7のみ
対応していたVOCALOID Editor for Cubaseは
バンドル版を含む全グレードで使用できるようになりました。

となると、VOCALOID Editor for Cubaseと歌声ライブラリ以外に必要な
バンドル版のキューベースが付いているオーディオインターフェイスの
最安機種はスタインバーグ UR22、コントローラーではCMCシリーズです。

アップデータはボカキューはYAMAHAのサイト。
CUBASEはスタインバーグのサイトになります。

当初はUR22のみCubase AI6からAI7へのパスが用意されていましたが、
現在はUR28Mなどへと拡大しています。

マイスタインバーグに製品を登録している方は
AI7がダウンロード可能になっていないか確認してみてください。



シェアする



コメント

  1. よねちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私もcubase AI6を愛用していますが、
    7へは無料で簡単にアップグレード出来るのでしょうか?

  2. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    よねちゃん さん、おはようございます。
    YAMAHA製品にバンドルされるAI6はAI7にアップできる話はなかったように思いますが、
    系列会社ですし、何か別形態で用意されているかも知れないので問い合わせ中です。
    ただ、よねちゃんさんには曲のコード進行を記せるコードトラックや
    ギターで使えるVST Amp Rackを搭載するCubase Elements7以上をお勧めします。(^^)
    スタインバーグのオンラインショップで
    Cubase Elements 7 Upgrade from Cubase AI 6 / 7 (Download)は7,980円なのですが、
    ライセンス管理のUSBドングルが必要となると別途5千円で購入しなければなりません。
    私も知りたいのでちょっと調べてみます。(^^)

  3. よねちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつもこちらの記事を参考に、
    勉強させて頂いております。
    感謝感謝ですO(≧∇≦)o
    よろしくお願いします。

  4. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    よねちゃん さん、こんばんは。
    どうやらTHRシリーズにバンドルされているAI6はAI7へのパス対象とはなっていないようです。
    同じ系列会社なのに残念です。(^^;
    スタインバーグオンラインショップで、
    Cubase Elements 7 Upgrade from Cubase AI6/7(Download)を購入し、ダウンロードした場合(日本円表示では7,980円)、別途USBドングルを購入する必要はなく、AI6で既にインストールされているSoft-eLicenserで管理されるようです。
    通常価格は12,800円なので少しだけ割安になっていますね。(^^)
    コード進行が記せたりVST Amp Rackが使えることも良いですが、
    なにより6シリーズと決定的に異なるのはミキサー画面になります。
    慣れると使い勝手も良いですよ。(^^)