CUBASE AI インストール

スタインバーグ機器に付属している
バンドル版CUBASEの最新は現時点ではCUBASE AI6です。

通常、バンドルされるCUBASEはバージョンアップできませんが、
オーディオインターフェイスUR22に限り、UR22の仕様との兼ね合いで
CUBASE AI7(192kHz対応)がダウンロード出来るようになります。

現時点でCUBASE AI7のリリース時期についてアナウンスはありませんが、
Cubase Elements7が発売されたのでそろそろリリースされるハズです。

確かAIとLE、Elementsは共通のインストールプログラムで
ライセンスによって分岐していたと思います。

なのでそろそろではないかと。

CUBASE導入時に手を焼くことが多いのが
インストール時のアクティベーションするための手順です。

慣れれば簡単なのですが初回はそうもいきません。

ins01.jpg
そこでスタインバーグのサイトでは、
・Windows7へのAIインストール。
・マイスタインバーグの作成。
・アクティベーション(ライセンス登録)。

これらが動画で公開されています。

後悔されているアドレスは、
http://japan.steinberg.net/jp/support/elicenser_activation/
cubase_ai_install_guide_win.html

ブログでの表示の問題から改行を入れていますが、
上記のアドレスでガイドを見ることができます。

バンドル版CUBASE AIは、操作こそサポート対象外ですが、
インストールからアクティベーション、バンドルされている
機器から音が出る、又はCUBASEで録音されていることが
確認できるまではサポートの対象範囲です。

CUBASE LEについては、機器を販売するメーカーに
導入サポートが委ねられますが、AIはヤマハ又は
スタインバーグ製機器にバンドルされるので、
ヤマハのスタインバーグ・コンピューターミュージック・
インフォメーションセンターが担当します。

そこでは、Cubase AI 4/AI 5/AI 6は、
バンドル元のハードウェアの機能と関係する
範囲での簡易サポート製品です。

このように明確に記載されています。
安心して機器を購入することができますね。(^^)

ins02.jpg
ちなみに先に書いたCubase AI インストールガイドの動画は
DVD-ROMが付属している場合とダウンロード版の場合でも
判りやすく導入について動画化されています。

再生回数が少ないようですが、
せっかくなので知恵袋やサポセンに問い合わせる前に
一度目を通しておきましょう。(^^)



シェアする



コメント

  1. tomocheeee より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ももどんさん こんばんはっ!
    物凄い参考になります!有難うございます!
    師匠~!!(まだ 入会金払ってませんが)笑
    (*^。^*)

  2. REACH_rh より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    素晴らしい情報です!
    新たに購入するなら
    これにしない手はないですね!!!

  3. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    tomocheeee さん、こんばんは。
    参考的な価格をお知らせするために
    ブログにはアマゾンを表示させていますが、
    機械はいつ不具合や故障が起こるか判りません。
    保証期間内に壊れることもあるので、
    ご購入の際はお近くの楽器屋さんで。(^^)

  4. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    REACH_rh さん、こんばんは。
    2IN2OUTのI/Oとして必要最低限の機能は備わっていますし、
    素直なマイクプリが魅力的な機器です。(^^)
    AIにはマキシマイザーやステレオディレイがないのですが、
    フリーのVSTプラグインで良さそうなのが沢山ありますし、
    しばらくは困ることはないでしょう。
    1.5万円といえば私がギターを始めた頃は
    コンパクトエフェクター1個の値段です。
    なんと良い世の中になったのでしょう。(^^)