昨日のトラック構成

昨日アップした不良少年のトラック構成について。

CUBASE6の画面
ドラムトラックは EZ DRUMMER の基本セットを4トラック使用しました。

シンバル&ハイハットトラック、タムトラック、
スネアトラック、バスドラトラックです。

単純にパラアウト(マルチアウト)機能を使えば良いのですが。(^^;

ベース1、リズムギター2、アコギ3、オルガン1、ピアノ1、
ギターソロ2、最後の1コードリフレインでギター3。

無駄に18トラック使っていますが、
曲の大半ははドラム以外にベースとエレキ2本だけです。

見た目があまりにも寂しいので、無意味にアコギを重ねてみたり
わざわざ別トラックでドラムを処理したりしています。(^^;

音ではなく、見た目でというところがミソです。

CUBASE6を起動したときに、
たくさんトラックが並んでないと寂しいのです。(^^;

リズムギター2本のうち、1本はPODxtを使用しましたが、
もう1本は素の音で録音してVSTeのPOD Farm2.5を使いました。

POD Farm2.5
1つの信号を2つにルーティングして、
それぞれ別のエフェクトを使用した後、また1本に戻しています。

後で何度でもエフェクトを変更できるので、
「素の音で録音、後でVSTe」はよく使います。

バーチャルリアンプとでも言うのでしょうか。(^^♪

何かの参考までに。



シェアする



コメント

  1. 7th-lab より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    トラックが増えて来ると、すぐバウンスしてオーディオにまとめてしまうという、根性なしの 7th-lab でございます(苦笑)。
    適当と仰りつつ、ギターの音色の加工とブレンドがなかなか秀逸かと感じております。
    バーチャルリアンプ、恐るべしw 。

  2. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    7th-lab さん、こんばんわ。
    素人&自己満足路線ましっぐらなので、
    20トラック位で隙間無く並んでいると
    何故か気分が高揚してくるのです。
    逆にトラックが少なかったりスカスカだと、
    気分が乗らなくてなかなか進まなかったり。(^^;
    > バーチャルリアンプ、恐るべしw 。
    今回は録音後の作業は10分前後と、
    手クセ的な設定で終わっています。
    まさに恐るべしは私でも何とかなる
    最近の機材やソフトの出来の良さですね。(^^♪
    ありがたや、ありがたや。