インターサンプルピーク

本来、マスタリングとはトラックダウンした複数のトラックを
連続して聞いても違和感を感じないように、イコライザーや
コンプレッサー、リバーブを使用して統一感を出す作業をいいます。

トラックダウンは50トラック使用して作成したものを
2chのトラックに仕上げることで、ミックスダウンと
いうこともあります。

10曲構成のCDを作る場合に、10曲がバラバラの音量であれば、
聞く人が1曲ごとにボリュームを調整しなければなりません。

そしてEQや残響系のエフェクトに統一感がなければ、
これもまたバラバラな10曲のよせ集めになってしまいます。

最近ではトラックダウンの際に、最終トラック又は
ステレオ(2ch)トラックの所で行う作業もマスタリングと
呼ぶこともあります。

以下に出てくる「マスタリング」という文字は、
どっちで捉えても構いません。

さて、ここからが本題なのですが、マスタリングで
奇妙な現象に遭遇したことはありませんか?

リミッター、コンプレッサー、マキシマイザーを使用して、
最終的な音圧を目一杯稼ぐことが最近の流行りですし、
現にこういった特集がある月の雑誌は良く売れているようです。

私も迫力のある曲に仕上げたいと思っているので、
全体的な音圧を稼ぐタイプです。

ダイナミックレンジと引き換えになりますが。(^^;

この時、DAWではピークレベルを超えていない。
DAWでは上手く聞こえている。

なのに書きだした曲をCDに焼いたり、
携帯プレイヤーで聴くとクリップしているのです。

これが先に書いた不思議な現象です。

結論から言えば「インターサンプルピーク」によるものです。

インターサンプルピーク(Inter Sample Peak)を
トゥルーピーク(True peak)言うこともあります。

isp01.gif
DAWではデジタルとして扱われており、
リミッターを掛けることによって、
0dBを超えないようにカットします。

これによってクリップの発生が防げています。

DAWで聴くときはこの状態。
挿絵でいえば左側です。

これをCDに焼いたり携帯プレイヤーで聴くのですが、
この時にデジタルからアナログに変換されます。

D/Aコンバーターを通ると、
クリップを防ぐためにカットしたハズの部分が
何故だか補完されてしまうことがあります。

これをインターサンプルピークといいます。

全ての再生機器で発生する訳でもないのですが、
これが発生すると音が歪んだ感じに聞こえたり、
モコモコとした感じに聞こえたり。

ひらたく言えば、濁って聞こえるのです。

DAWでリミッターを使わなければクリップしてしまうほど
フェーダーを上げなければ良いのですが。(^^;

ブリックウォールリミッター(Brickwall limiter)の中には、
インターサンプルピークも計算してカットしてくれるものが
あります。

CUBASE7に新しく備わったBrickwall limiterが
インターサンプルピークも考慮して動作しているかは
まだ、調べていません。

インターサンプルピークが発生する可能性を見ることができる
プラグインがあるので、これを活用するのも良いかもしれません。

ssl01.gif
Solid State LogicがリリースしているX-ISMがそれに該当します。

X-ISMはVST/AUに対応したフリープラグインで、
最終トラックに使用します。

ダウンロードするには登録を行う必要がありますが、
少し古いプラグインなのでサイトで動作環境の確認が必要です。

ssl02.gif
デジタルクリップとアナログクリップのインジケーターを
備えているので、アナログインジケーターを見れば、
インターサンプルピークについて知ることができます。

何かの参考までに。



シェアする



コメント

  1. Ash より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なるほど、そう言う事ですか!
    いつもの事ながら大変参考になります!
    私の曲、元のバランスがメチャメチャな上にリミッター、コンプレッサー、マキシマイザーをかけているので、出来上がったモノはメチャ×100くらいになっていますw
    モコモコプツプツですw
    それ以前の問題な気もしますが、MIX方面ももっと勉強しなきゃですね^^;

  2. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Ash さん、こんばんは。
    ダイナミクス系エフェクトは私も使い過ぎの感があります。(^^;
    ロック系の曲では少々潰した方がドライブ感があって
    良い時もあるのですが、POP系では濁りが目立ってしまいますね。
    1から作業をやり直したことがこれまで何度あるか。
    それでもなかなか身に付きません。(^^;

  3. 6thらうど より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    初めて聞く言葉でした。勉強になりました。
    自分は基本的には-0.3dbで仕上げるのですが、
    もしかすると不十分なのかもしれませんね。
    そもそもMixにおけるコンプとか全然分かってませんが(笑)

  4. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    6thらうど こんばんは。
    コメントありがとうございます。(^^)
    経験から思うに02dB~0.3dBクリップするので、
    -0.3dBで仕上げるのは大正解ですね。[絵文字:v-218]
    少し前のWindowsではカーネルミキサーを経由すると
    リミッターが掛かるので音が濁ります。
    この場合でも-0.3dB程度ピークより低ければ
    回避されたと思います。
    さすが6thらうどさんですね。(^^)
    PS:私も先日からMixの迷宮を彷徨っています。