・Web関連

BackWPupでのエラー解消法

2016/11/26

wordpress1

WORD PRESSのバックアップには何をお使いでしょうか?

私は「BackWPup」を使っていますが最近バックアップエラーが続くようになりました。

エラーの場合はメールでお知らせが届くようになっているのですが、そのメールが迷惑メールに振り分けられていたので気づくのが遅くなりました。(^^;


Maximum execution time

wpbwp01

私が遭遇しているBackWPupのバックアップエラーは「Maximum execution time」

BackWPupのログでは赤いラインの所にあるように「エラー: Maximum execution time of 30 seconds exceeded」と表示されています。

wpbwp02

同じエラーが3回表示されていますが、これはBackWPupの設定でジョブの最大再試行回数を「3」回としているからです。

BackWPupのバージョンは3.3.4、ワードプレスは現時点での最新版です。

過去のログを確認してみると、このバックアップエラーはバックアップサイズが774MBを超えたあたりの日時から発生しています。

エラーメッセージを読むとバックアップ処理時間が30秒を超えたために発生しているエラーということでしょう。

エラーの解消法

私の場合はレンタルサーバにさくらインターネットの「さくらのレンタルサーバ スタンダード」を利用しているので、その場合の限定での対処法ではありますが、利用されているレンタルサーバに同じような設定箇所があれば応用できるかと思います。

要はバックアップ処理時間が30秒を超えているので、これを何とかしてやれば良いのです。

wpbwp03

さくらインターネットのサーバコントロールパネルにログインし、「PHP設定の編集」をクリックします。

wpbwp05

「php.ini設定ファイル編集」があるので、ここに最大処理時間に関する記述を追加します。

Maximum execution time of 30 seconds exceededとエラーが出るので、恐らくですが、さくらのレンタルサーバ スタンダードでの最大処理時間の初期設定は30秒なのだと思います。

上記キャプチャのようにphp.iniファイルに「max_execution_time = 120」と追記することで最大処理時間を120秒とします。

記述を追加したら保存します。

wpbwp06

サーバコントロールパネルのファイルマネージャーからphp.iniに保存できているか確認してみましょう。

「編集」をクリックすると内容を確認できます。

wpbwp07

最大処理時間に関する記述はきちんと追加されていました。

01

BackWPupでバックアップが正常に出来るか確認してみます。

無事にバックアップ処理が完了しました。
めでたし、めでたし。(^^)

 

-・Web関連