「さくら」その後

(飼い主)
先月から思いついたことがあり実践しておりました
それは飼い主が心配しないこと!!
以前 散歩中
・周りに人がいないか?
・「さくら」をなでようと人が近づいて来たら
咬みつきはしないか?
・車、自転車、バイク等を気にしてキョロキョロ
「さくら」にとって飼い主は頼りになる存在でなければならない
しかし、飼い主が周りを気にしすぎてキョロキョロしてれば
「さくら」も不安になって当然だろう
怖がって震えても抱っこしない
散歩中も堂々と歩き「さくら」のことは心配しない
と飼い主の接する態度を変えて「さくら」が落着いてきたのだ
実は・・・分離不安症の薬は3週間ほど飲ましていない
先生は薬をやめると元の状態に戻ってしまうかも?と
言っていたが 私は多分大丈夫だろうと思っていた
この事は先生には報告していないので次回の診察で報告っと
なぜ?「さくら」は大丈夫だと思っていたかというと
薬の量を(2錠から1錠へ)減らしても変化がなかった
あと「さくら」自身 自信がつきてきたこともあり
これなら薬を飲まなくても平気かもと思った訳です
「さくら」は子犬の時から心配で
甘やかしてきたような気がする
「もも」の時は・・・そういえば心配する余裕がなかったような気がする
このまま様子を見ることにする



スポンサーリンク

シェアする