インプレスエディター

CUBASE7で便利に使っている機能があります。

インプレスエディター。

なんてことはないのですが、一通り打ち込みや録音が終わり、
全体を見直す時に使用することが多い機能です。

cuba01.jpg
CUBASEを起動するとこんな感じですが。

cuba02.jpg
隠れている部分を少し広げてやります。

cuba03.jpg
すると色々なアイコンが登場するので、
この中から「インプレス編集」をクリックします。

cuba04.jpg
キーエディターを読み込んで表示している感じでしょうか。
もちろん打ち込みやエディットもできます。

ガッツリ打ち込むときはキーエディターやドラムエディターで作成しますが、
全体を見直しながらリズムトラックやシンセベースなどのフレーズを
変更する際に私はよく使っています。

特にシンコペーションやフィルを合わすときでしょうか。
非常に便利です。(^^)



シェアする



コメント

  1. アッシュ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは^^
    これはタイムリーな話題ですw
    練習で適当なメロにシンコペーションを入れる感覚の練習をしてるのですが、他の上物との絡みがギクシャクでキーエディターを開いたり閉じたり^^;
    そうでなくても私は何故かメロディとリズムがずれる事が多々あるので(なんででしょうね^^;)、これは便利に使えそうです♪
    ありがとうございます^^

  2. MOMODON より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    アッシュ さん、こんばんは。
    お役に立てて何よりです。(^^)
    思考を直ぐに反映できる機能はありがたいです。
    創造やアイディアはナマモノなので、
    エディターを切り替えたりしているうちに
    直ぐに鮮度が落ちてしまいますよね。
    思ったときにパッとできる機能は
    非常にありがたいのであります。(^^)
    私なんて右向いて左向くと忘れてしまいますから。(^^;