・楽器/エフェクター

大量作成。

2014/11/05

BEHRINGER ULTRAPATCH PRO PX2000
先日、安価なパッチベイですが
BEHRINGER ULTRAPATCH PRO PX2000を購入しました。

ギターエフェクター
足元のエフェクターにギターをプラグインしたり、
センドリターンに使用するエフェクターを繋ぎ替えたり。

plug01.jpg
インターフェイス背面の入出力端子に都度必要な機器を接続したり。

その度に腰を屈めたり無理な姿勢になったりと、
ヘルニア治療中の身には相当負担が掛かります。

そこでパッチベイ。
当面は交換機的な使い方になりますが。(^^;

配線が増えるので静電容量増加による多少の音質変化や
放射ノイズの混入もあるでしょうが、今は腰が大事。

自作パッチケーブル
これまでギターやベースケーブル、ラインケーブル、
パッチケーブル等を作ってきました。

ベース用にBELDEN 8412
ギター用にBELDEN 9395BELDEN 9778CANARE GS6
この中で一番使っているのはベルデン9778でしょうか。

マイク用にBELDEN 1192A
ライン用にCANARE L4E6S

基準ケーブルとBELDEN 8412
作成後に周波数測定の真似事をして遊んだりもしました。
静電容量、ケーブル材や構造による音の違いは確かにあるのでしょう。

しかしアンプ使用ではその違いを感じることができても、
私のような宅録使用ではそんなに違いは判りませんでした。

私のバカなお耳でのお話です。(^^)

ハイ落ち=中低域豊か
抜けが良い=低域損失

言い換えれば何とでもなる話しですし、
損失によるレベルも極僅かにゲインを上げれば済む話し。

安価な機材で揃えている私には大して影響はありません。(^^)

そんな私ですが今回のケーブルチョイスは・・・。
「モガミ2524」

フラットなケーブルではなくブライトであるとかないとか。

エキゾチック(Xotic) ケーブルで使用されている商品があったり、
懐かしのブラッドショウシステムで採用されてましたっけ。

メルセデス・ベンツのワイヤリングでも使われていますね。

国内ではGS-6と双璧するmogami2524。

ギターケーブルの網線ほぐし
GS-6の網線を解きなら20本作るのが
とても面倒という理由もありますが。(^^;

まだ届いていませんが、指の具合もアレなので
妻に手伝って貰いながらゆっくり作ります。(^^)

-・楽器/エフェクター