・DTM機材

ノイズ改善方法3

2014/10/11

先日よりノイズ改善方法1ノイズ改善方法2(リンク付)と書いてきました。
コンセントの極性を合わす、接地アースの利用、アースループの改善。

これらを行うとどれくらい改善するのか。
実際に測定してみました。

コンセント極性 ノイズレベル
白ラインがすべてを実施。
緑ラインは、極性を逆、接地アースを外す、使わない線も接続。

低域では 40Hz-80Hz に改善の効果が見て取れます。
広域では、4kHz-9kHz に改善の効果が見て取れます。

コンセント極性 ダイナミックレンジ
今度はダイナミックレンジです。
ダイナミックレンジは、信号とノイズの差なのでノイズレベルが
判った時点で答えは出ているようなものです。

極性を合わすことによって低域と中域に改善があることは
知っていましたが、測定結果もそのことを証明しています。

では、耳で聞いた時に変化はあるのか。

低域は締まった感じがします。
中域もポッコリ感が軽減しています。

音量の大きな曲ではあまり解りませんが、
静かな曲では違いを聞き取ることが出来ました。

ただし、インシュレーター(リンク付)の記事で書いたように、
プラシーボ効果によることもあるので、あくまで私の感覚的な主観です。

この計測をしていて判ったこと。
タップ、雷ガードの中には極性が逆のものがある。

タップですが、電源プラグを挿す側にはきちんとコールドを示す
「C」マークがありました。

そして挿すほうのコンセントの穴は、
コールド側を示す片側長い穴もありました。

なのに!

検電ドライバーで調べると、タップの口の長い穴がホットでした。

結論:
極性を合わすことは大なり小なりのノイズ低減効果がある。
コールドとホットは印を信用せず、自分で測定する。

何かの参考までに。

-・DTM機材