・DTM機材

UR242

USBオーディオインターフェース UR242

Steinberg USB オーディオインターフェイス UR242

Windows,MacOS,iOSで動作する4イン2アウトのインターフェイスです。

UR242

UR242のフロントパネルにはXLRとTRSの両方を利用できるコンボジャック。
インプット1はHi-Z対応となっておりギターやベースを直接接続できます。

インプット1/2ともにファンタム電源対応で、
出力の大きいラインにも対応できるPADスイッチもあります。

ur24203

UR242のリアパネルにはバランス接続となるTRS標準フォン入力×2と出力×2

フロントパネルのコンボジャックと合わせて4in/2outの仕様です。

USB端子が付いていますがバスパワーでの動作ではなく、
ACアダプターでの動作となっています。

最大サンプリングレートとビットレートは192kHz/24bit
周波数特性は20Hz~22kHz
ダイナミックレンジは101dB

基本的な使用も十分で、
インターネット配信に便利なループバックにも対応しています。

UR242は6機種目のラインナップとなります。

現行機種はUR12,UR22,UR242,UR44,UR28M,UR824。
このうち内臓DSPを利用できるのはUR242以上となっているので、
内臓DSPを利用したレイテンシーフリーモニタリング/エフェクトである
dspMixFxを利用できる最安機種がUR242となります。

dspMixFx

内臓DSPを利用したdspMixFx
REV-X、Channel Strip、Guitar Amp Classicsといったエフェクトを
レイテンシーフリーで利用でき、かつ、VST3プラグイン版も用意されます。

ai715_20131013120550d22

DAWはCUBASE AIのダウンロードライセンスがバンドルされます。

CUBASE AI7の基本仕様は
オーディオ最大入出力数 16
最大オーディオトラック 32
MIDIトラック 48
インストゥルメントトラック 16

CUBASE AI7には28種のVSTオーディオエフェクトと
HALion Sonic SE(音色数180以上)が付属しているので
すぐに曲作りも始められますね。(^^)

UR242の発売は3月18日でその価格は約2万円となるようですが
内臓DSPエフェクトとDAWが付いて2万円とは恐るべし。

しかも1メーカーでオーディオインターフェイスのラインナップが6機種とは。(^^;

 

-・DTM機材