・楽器/エフェクター

Tone Hammer 忘備録 2015_06_21

3~4か月ぶりにギターが弾ける状態になり、
1曲分のギター、ベース、シンセを録りました。

とはいってもギターソロは全指が使えないので弾けませんが。(^^;

ギターエフェクトはプラグインや
ハードウェアのアンプシミュレーターを使用しています。

プラグインは設定をDAWで見れますし
パッチとして保存して他の曲で同じ音を使用することができます。

hd500gt10001

ハードウェアのアンプシミュレーターもエディットソフトで管理できるので、
設定を保存して別の曲で使用したり、それを元にエディットするのも簡単です。

左はPOD HD500 Ver2.6/右はBOSS GT-100 Ver.2のエディットソフトです。

AGUILAR Tone Hammer

ベースの録音に使用したAGUILAR Tone Hammer

アギュラー トーン・ハンマーはプリアンプ、D.I.
18V駆動なので音に余裕がある感じがします。

9Vバッテリー×2、ACアダプター、ファンタム電源のいずれかで動作します。

さすがに毎回ツマミの設定を記憶していることは不可能なので、
メモ紙に書いて保存していましたが、
そのメモ紙をどこへ片づけたか忘れてしまったり。(^^;

そこで忘備録としてアップしておけば検索で直ぐにわかると。

tonehammer20150602

今回の設定。

tonehammer20150603

PRE/POSTスイッチとグランド・リフトスイッチは
この状態でXLR接続でI/Oへ。

ここに書いておけば設定状態の紛失を防げます。(^^)

 

-・楽器/エフェクター