・楽器/エフェクター

G1on/G1Xon

2014/11/04

人生初のエレキギターは通信販売で買ったセットもの。

早速、梱包を解いてセットに付いていたアンプに繋いで
ジャラ~ンとすると、ジャラ~ンと鳴るのです。(^^;

いま思えばあたりまえの話なのですが、
弾けばディストーションの音がすると思っていたのです。

「ロックギターセット」と書いてありましたし。(^^;

黒のストラト風ギター、音叉、教則本、小型アンプ、
ピック、ケーブル、ギグバックのセットだったと記憶しています。

不良品だと購入先に電話した記憶があります。笑

od100.jpg
そこで初めて「エフェクター」というもを知り、
初めて買ったエフェクターはYAMAHA OD-100という
オーバードライブ。

確か8,500円だったと思います。

バンドで演奏できる曲数が増えにつれ、コンプレッサーやコーラス、
フランジャー、ディレイー、リバーブとどんどん増えていきました。

その中でもディストーションはいくつも買った覚えがあります。
CMOSとかデュアルとか、マルチバンドとかターボとか。(^^;

歪み系で長く使ったのはBOSSのターボディストーションと
メタルゾーン、そしてPROCOのRATです。

その中でもRATは長かったです。

終いには面倒になってマルチエフェクターに落ち着きました。
単体のワウは初期のIBANIZ WH10。

これはマルチエフェクターを使うようになって
オークションに出したら、落札価格は購入額の3倍でした。(^^)

有名だったんですね。

最近では練習用の小型アンプでもエフェクター付きがありますし、
歪んだ音が出せるものが殆どでしょうか。

しかしZOOMからまたとんでもエフェクターが出るそうです。

g11.jpg
G1on/G1Xon
G1onは希望小売価格が7,500円、G1Xonは9,500円
実際の販売価格は6千円、8千円前後あたりでしょうか。

ディストーション、コンプレッサー、モジュレーション、ディレイ、
リバーブ、アンプモデルの75種類のエフェクターを内蔵し、
最大5種類を同時に使用できるそうです。しかも並べ替え自由です。

g12.jpg
68種類のリズムパターンや音楽プレイヤーを接続できるAUX端子、
30秒のルーパー、そしてヘッドホンも使えるそうです。

MS-50Gにヘッドホンが使えたら便利なのにと思っていたので、
G1on/G1Xonにヘッドホンが使用できるのは良いですね。(^^)

パッチも10パッチ×10バンクで100種類も保存できるとか。

エフェクターの最初の1台として
必要にして十分な機能は備わっています。

ZOOMのエフェクター価格を見ていると、
住み分けが判らなくなるほどリーズナブル。

G5でさえ2万円チョットなのですから。(^^;

私はMS-50GとA3を使っていますが、
操作も簡単そして何よりお得です。

ZOOMはこれからギターを始める人を
本気で応援したいんだなと思いました。(^^)

-・楽器/エフェクター