・楽器/エフェクター

マンゴー

2014/11/05

BLC00.jpg
Bacchus GLOBAL Series に面白い木材を使用したギターがありました。

mango.jpg
ボディとネックにマンゴーを使用しているそうです。

違います、実ではありません。
あっ、写真のせいですね。(^^;

mango01.jpg
木材自体はマホガニーより柔らかく、音の印象はそれと比較し、
低音が少し強く、逆に高音は少し押さえられた感じであるとか。

ディマジオが合いそうだとか
ダンカンのSH-4を載せて見たくなります。

強い個性が少し中和されそうで。(^^;

マンゴーはウルシ科に属する広葉樹で比重は0.57~0.63。

マホガニーにも色々ありますが、
マホガニーと関係ないけどその名で流通していた
フィリピンマホガニー(フタバガキ科ショレア属)の比重が0.51~0.56。
アフリカンマホガニー(センダン科Khaya属)の比重は0.46~0.50。
ホンジュラスマホガニー(センダン科Swietenia属)の比重は0.57~0.63。
マンゴー材は本家マホガニーの比重と同じですね。

フィリピンマホガニーはワシントン条約でのレッドリスト
IUCNレッドリスト1994年版で絶滅危惧IA類。
アフリカンマホガニーも絶滅危惧II類。
ホンジュラスマホガニーも絶滅危惧II類。

ギターの仕様で表記されている「マホガニー」にも色々あって、
現在では入手が困難又は不可なものから同じセンダン科でも
産地が異なる属違いのもの、更には全く関係ないのに
似ているからと流通名がマホガニーと呼ばれるもの。

安価なものから高価なものまで様々です。

安価なマホガニーやアッシュよりバスウッドで少し良い物の方が。
そう言われるのも判ります。

話をマンゴー材を使用したギターに戻すと、
バッカスではグローバルシリーズとして
下記のラインナップがある(あった?)ようです。

Bacchus GLOBAL Series BFV-MG (フライングVシェイプ)
Bacchus GLOBAL Series BLJ-MG (レスポールシェイプ/P-90)
Bacchus GLOBAL Series BEX-MG (エクスプローラーシェイプ)
Bacchus GLOBAL Series BLC-MG (レスポールシェイプ)
Bacchus GLOBAL Series BSG-MG (SGシェイプ)

小売希望価格は9万円後半から11万円前後のシリーズで、
流通価格は7万円~8万円前後のようです。

BLC01.jpg
レスポールシェイプのBLC-MGを例にすると、

BLC02.jpg
ボディ:マンゴー

BLC03.jpg
ネック:マンゴー(1ピース)
指板:ローズウッド
スケール:628mm(ミディアムスケール)
指板R:310R
ナット幅:43mm
ナット:牛骨(?)

BLC04.jpg
ペグ:RM-1190G
ブリッジ:WSC/LP53BRD-GD
テイルピース:WSC/LTAL GD
コントローラー:2Vol, 2Tone, Toggle SW
フィニッシュ:ウレタン塗装

ピックアップについての記載はありませんでした。

バッカスにはアッシュやコリーナ材を使用した
レスポールシェイプのギターがあったりと
チェックしているとなかなか面白いです。

レッドウッドを使用したベースも綺麗でした。
私が買うには分相応にもっと安価なモデルが良いのですが。(^^;

B.C.Rich Mockingbird Exotic Classic
我が家には似たような色合いの
B.C.Rich Mockingbird Exotic Classicがありますが、
これと並べてみたい・・・・。

-・楽器/エフェクター