・DTM機材

インピーダンス

2014/10/11

以前、ギター入力Hi-Zという記事でインピーダンスについて書きました。
また補足としてダイレクトボックスについて書きました。

TASCAM US-144MKⅡ
今回もその補足的内容です。

インピーダンスを合わさないと音痩せするのか。
それを簡単な例え話で説明してみます。

まず、インピーダンスとは抵抗のことです。
この抵抗はギター側で数百kΩです。

パッシブタイプのシングルコイルやハムバッカーの
ポットやトーンコントロールが250kΩ~500kΩであることを
考えれば想像にやすいですね。

これに比べ、私の所有する機器を例にすると、
受側機器のTASCAM US-144MKⅡのラインイン(Line in)は
15kΩと受け側のインピーダンスの方が低いことになります。

cap.jpg
写真のコップは150ccの水が入る大きさとします。
これに2500ccの水を入れると2350ccの水は溢れてしまいます。

溢れた水は飲めません。

言い換えると、コップは受け側の機器のインピーダンス。
水は送る側のインピーダンス。
水があふれる=水が減る=音痩せ

こんな感じです。

このような理由からインピーダンスは、
「ロー出し/ハイ受け」の原則があるのです。

コップは水の容量より大きくないといけません。
大きな水を受けるには大きなコップが必要です。

そこでHi-Zは15kΩを1MΩにして受け入れます。
ギターが500kΩでもそれより大きな1MΩで受けるので安心です。

では、Hi-Z端子や切り替えが無い受け側の機器であった場合は
どうでしょうか。

この場合はダイレクトボックスを用いて
インピーダンス変換を行うのです。

ここまでで、ロー出し/ハイ受けの原則の補足説明は終わりです。

今度は、インピーダンスとノイズの関係です。
これはややこしいので簡単に済ませます。(^^;

インピーダンスの大きさを背の高さとします。
ノイズを風とします。

背が高いと風の影響を受けやすく、
背が低いと風の影響を受けにくいです。

これは風にあたる「面」の問題ですが、
インピーダンスにも同じようなものです。

インピーダンスが高いと、ノイズの影響を受けやすく、
インピーダンスが低いと、ノイズの影響を受けにくいのです。

専門的なことはオーディオ関連サイトの方が詳しいので
お任せ致します。(^^;

何かの参考までに。

-・DTM機材